planet-green.com

MOMO初号機(日本初の民間ロケット)打ち上げレポート



日本初の民間ロケットの打ち上げを見学しに大樹町(北海道)に行ってきました。
これは北海道のベンチャー企業・インターステラテクノロジズ社が開発したMOMO初号機という全長10メートルのロケットで、巷ではホリエモンロケットと呼ばれたりもしてます。

インターステラテクノロジズ MOMO初号機打ち上げ

個人的な感想など

  • 会場には北海道だけでなく日本全国から見に来ている人がいました。私が話をした人の中では一番遠くは広島県からでした。
  • 大樹町はロケット打ち上げに適した場所ではあるものの、休漁期にしか打ち上げられないので、次回は早くても9月以降になるとのこと。
  • PV(パブリック・ビューイング)会場にはピーク時で1300人いた模様。(思ったより少ない?)
  • やはり来ていた人の大半が宇宙開発に興味のある人、理解のある人だったようで、度重なる打ち上げ延期に不満を言う人は、少なくとも私のいた周囲にはいませんでした。
  • 打ち上げは失敗でしたが、NASAやJAXAだって散々失敗して今の技術力があるわけですので、全然悲観しなくていいと思います。
  • 天候のせいでロケットを肉眼で見れなかったのは残念ですが、日本の宇宙開発史に残るであろうイベントに参加できたことをそれなりに楽しめたと思います。(と書くと少し大げさでしょうかね)
  • 会場のスタッフさんに話を聞いたところ、大樹町役場の職員さん逹が総出で会場整理や交通誘導などをしているとのこと。彼らは一生懸命にもてなしてくれましたが、基本的にイベント運営のプロでは無いしお金を取っているわけでもないので、あまり多くのことを期待してはいけないでしょう。
  • 新聞各社の報道を見ると産経新聞の打ち上げ失敗を酷評する記事が特に目に付きます。まだ昔のことでホリエモンを恨んでるんでしょうかね。もしそうだとしても、ホリエモン個人への遺恨を、開発スタッフや大樹町の協力者など大勢の人々が関わっている今回の一大プロジェクトに当てつけるのは、メディアとしてどうなんでしょうか。


次回に見に行く人へのアドバイス

  • 会場(多目的航空公園)から一番近いコンビニ・商店までは片道13kmあります。会場周辺には原生林と農地以外、何もありません。
    会場入りする前に、打ち上げ時間が最大限まで延びる事を想定した食料と水を用意した方がいいです。航空公園内に飲食店はありません。売店で菓子・カップラーメンなどを少し売っていましたがすぐに売れ切れてました。
    大樹町のコンビニは混み合うと品薄になる可能性があるので、大樹町入りする前に買っていった方がいいです。
    尚、食料は日中の暑い車内に放置しても悪くならないものを。
  • トイレは24時間使えました。(次回はわかりませんが)
  • 周辺の宿は少ないし、諸事情を考慮すると基本は車中泊かテント泊になると思います。
    打ち上げ延期が無ければ大樹町に泊まる必要はないのですが、今回、何度も延長している事を考えると・・・。
  • 北海道の9月以降は車中泊やテント泊ではかなり寒くなるので、それなりの対策が必要になります。(こういう時はキャンピングカーが最強かも。)
  • 虫除けスプレーを忘れずに。最近は蚊よりもマダニの方が怖いので、私は足元にスプレーしまくってます。
  • 雨天時も打ち上げるのかどうかわかりませんが、もしその可能性があるのなら、雨具の備えもあった方がいいと思います。
  • 雨が降った場合、おそらくあの場所は泥だらけになると思うので、長靴があるといいです。

時系列順レポート

以下、箇条書きで。

  • 打ち上げを見学できる場所は「SKY HILLS」と呼ばれる有料(打ち上げ協力金として4,800円+駐車料金1,000円)の会場と無料の多目的航空公園のみ。
  • SKY HILLSの方は既に全席完売だったので私は多目的航空公園(以下、航空公園)の方に行くことに。
  • 航空公園からは打ち上げ前のロケットは原生林の死角になって見えない。が、打ち上がれば機体や噴煙が遠くから見える(はずだった)。
  • 公式サイトによると打ち上げ予定時間は以下①〜⑤となり、実施はこの中で1回のみになるとのこと。
    ①7月29日(土)10:20〜12:30
    ②7月29日(土)15:45〜17:00
    ③7月30日(日)5:00〜8:00
    ④7月30日(日)10:20〜12:30
    ⑤7月30日(日)15:45〜17:00
  • 前日の夕方、打上げは7月29日(土)15:45〜17:00のウィンドウで行う予定であると公式発表。

  • 私は、駐車場が混み合うことを想定し29日は早めに出発して昼頃に到着。
  • 会場に到着すると、打ち上げが翌日の5:00〜8:00に延期されたことを知らされる。

    その航空公園だが、広い。とにかく広い。
    大樹町多目的航空公園 JAXA施設

    大樹町多目的航空公園 JAXA施設

    JAXAの格納庫がデカい。
    大樹町多目的航空公園 JAXA施設

  • 航空公園の駐車場は19:00になると閉まり、翌朝7:00まで出入りできなくなるとのこと。車を停めっぱなしにすることは可能。
  • そこで翌5:00の打ち上げを見るために航空公園で一晩を過ごすことに。私以外にも多くの人がここで朝まで過ごす模様。
    大樹町多目的航空公園
    朝4時半頃の様子。天候が良くないので嫌な予感しかしない。

    駐車場からPV会場へと向かう。片道およそ500mくらい。
    以後、打ち上げ延期の度に往復することに。

    大樹町多目的航空公園 滑走路
    ここは滑走路なのだが、考えてみると滑走路をこんなに堂々と歩いて渡る機会というのはなかなか無いかもしれない。

    インターステラテクノロジズ MOMO初号機打ち上げ

  • 機体トラブルにより10:20〜12:30のウィンドウに延期。
  • いよいよ打ち上げか、というタイミングになって、海上の安全が確認できないことから最終ウィンドウである15:45-17:00に延期。

    このときの会場アナウンスによると、付近の海域をフラフラと動いていた船舶が突然、制限海域に入ってきたとのこと。この時間は比較的、視界が良かったので、このタイミングで打ち上げられなかったことが残念。

  • 16時頃になると濃い霧のために視界が悪くなっていた。「今日は駄目かも・・」というムードが会場に漂いはじめる。地元の人に話を聞いたところ、ここまで霧が濃くなるのは珍しいとのこと。


    多くの人が椅子だけ置いてPV会場を離れている。
    尚、ロケットの発射場所は左前方の林の向こう側になる。

  • 食料が尽きた後に命を繋いでくれたカップラーメン。最後の1個を売っていただいた。

    インターステラテクノロジズ MOMO初号機打ち上げ

  • 打上げGoが確定。
  • 打ち上げの瞬間。
    インターステラテクノロジズ MOMO初号機打ち上げ

    みんなで空を見上げているが霧が強すぎて何も見えない😭
    轟音だけは空の上から聞こえている。
    インターステラテクノロジズ MOMO初号機打ち上げ

  • 残念ながら宇宙までは一歩届かなかった模様。次回に期待。
  • 打ち上げ後にホリエモン(堀江貴文氏)降臨 MOMO初号機打ち上げ ホリエモン会見
  • テクテクと帰路に就く人々。インターステラテクノロジズ MOMO初号機打ち上げ

しょこたん

併設施設の大樹町宇宙交流センター。この中には予想外の展示が・・・
大樹町宇宙交流センターSORA

しょこたん(中川翔子さん)のサイン。
どうやらここは銀河連邦タイキ共和国というところらしいです。

しょこたん(中川翔子さん)サイン

おまけ

札幌から大樹町に行く途中で見かけた子馬。
日高の子馬

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※ URLを含んだコメントは承認後に表示されます。

* 画像に書かれている英数字を入力してください。