planet-green.com

MacPro2010にGeForce GTX 960を取り付ける



MacPro(2010年モデル)にGeForce GTX 960を取り付けました。
CUDAドライバーも認識されています。
取り付け手順や注意点は基本的に前回の記事と一緒です。

GeForce GTX 960をMacProに搭載
ちなみにELSAのGeForce GTX 960 2GB S.A.C SS GD960-2GERXSです。

GeForce GTX 960をMacProで認識

MacでCUDAドライバー

Final Cut Pro Xで4K動画の編集をする必要があったのですが、MacPro標準のグラフィックボード(ATI Radeon HD 5770)では重すぎてスムーズに編集できなかったのが、GTX960では何とか実用的なレベルになりました。
(とはいえ、ビデオエフェクトなどを多用すると重くなりますが。)

また、ffmpegをOpenCVを有効にしてインストールすると、エンコードの際にCUDAを利用するようで、CPU負荷が低くなってるのが確認できました。

OSのアップデートの度にビデオドライバーを入れ直さないといけないのは相変わらずで、画面が真っ黒になるので別のMacからリモート接続(『画面を共有』のこと)してインストールしてます。

コメント
planet-green.com

DxO OpticsPro用タイムラプス制作支援ツール | TimeLapse tool for DxO OpticsPro



RAW現像ソフトのDxO OpticsPro 11でタイムラプス(微速度撮影)動画制作を支援するツールを作りました。
コマンドラインで実行するPythonのスクリプトで、GitHubで公開しています。

DxOKeyFrame.py
https://github.com/SapporoTK/DxOKeyFrame.py

作例

星景タイムラプス 4K《微速度撮影》洞爺湖 | Time Lapse – Lake Tōya, Japan

(上の動画ではオリジナル曲をBGMにしてみました。)

4K Time Lapse Test (DxO OpticsPro + DxOKeyFrame.py) | タイムラプス《微速度撮影》テスト

この動画では、日の出の前後の時間帯はAvモードで撮影し、当スクリプトで拡張露出補正オプションを有効にして明るさが滑らかになるようにしています。

とはいえ、まだチラつきが出てしまうので、それが今後の課題です。
ちなみに星の軌跡はFinal Cut Pro Xのエフェクトなので当スクリプトとは関係ないです。

4Kタイムラプス《微速度撮影》モエレ沼公園 | TimeLapse – Moerenuma Park

タイムラプス 4K《微速度撮影》Sapporo city View | Time Lapse

タイムラプス 4K《微速度撮影》大通公園(札幌市)| Time Lapse – Odori Park, Sapporo, Japan

»続きを読む

コメント
planet-green.com

MacでVisual Studio + Xamarinを使ってみた感想



IT土方(by いらすとや)
アプリ開発の話。

クライアントさんに泣きつかれて頼まれてXamarinで作られたスマホアプリの修正をすることになり、少しだけ使ってみる機会がありました。

「Xamarin自体がバグだらけ。新しもの好きで人柱覚悟の人ならいいかもしれないけど、仕事ではちょっと怖くて使えない」

これが正直な感想です。

iPhoneとAndroidのアプリを共通のコードで作成できるというのが売りなのですが、実際に共通化できるのはロジック部分だけと考えた方がよさそうです。

一応、画面周りも共通化できるのですが、用意されているXamarin.Formという仕組みでは細かいレイアウトの調整が出来ないので、結局はiOSとAndroidで個別にネイティブの機能を呼び出すコードを書くことになると思います。

Xamarin.Form標準の機能だけだと、デザインの微調整に制限が多く、痒いところに全然手が届きません。

自社または個人で作るアプリならそうしたレイアウトの細部は無視することが可能かもしれませんが、クライアントさんがいる仕事だと、「ここのフォントサイズを変えてね」と言われて断るのは難しいのではないでしょうか。

»続きを読む

コメント
planet-green.com

Emoji Mosaic Generator(絵文字モザイクジェネレーター)



以前より公開中だったモザイク・アート作成ソフト「モザイク・モザイク」の絵文字版WEBサービスを試験公開しました。
無料でご利用できます。

😀Emoji Mosaic Generator🤖 (絵文字モザイクジェネレーター)

Emoji Mosaic Generator Sample

多言語対応させてる余裕が無かったので英語版での先行リリースになりましたが、簡単な英語しか使っていないので操作は難しく無いと思います(といいますか、私が簡単な英語しか使えない)。

尚、絵文字に対応してないOS/ブラウザでは正常に表示できません。スマホから見て頂けると確実です。

感想等がありましたらコメントいただけると嬉しいです。

コメント
planet-green.com

[開発/備忘録] WordPressのテーブルを手動でutf8mb4に一括変換する



現在、WordPressを新規でインストールするかv4.2以前から最新版にアップデートすると、DBの各テーブルの文字コードが自動的にutf8mb4_general_ciに設定されます。
(ただし、DBがMySQLの5.5.3以上かMariaDBの10以上だった場合のみ)

しかし、DBのバージョンが古かったサーバーでWordPressを運用していて既にv4.3以降にアップデートした後、新しいサーバーにデータごと引っ越した場合は、文字コードがutf8_general_ciのままになってしまいます。(当サイトがそうでした。)

そんな時は、まず wp-config.php の DB_CHARSET を utf8mb4 にして、

define('DB_CHARSET', 'utf8mb4');

下記のコードをfunction.phpに貼り付け、 http://(サイトのURL)/?upgradeUtf8mb4=1 をブラウザで呼び出せば utf8mb4_general_ci に一括返還してくれます。
(v4.7.3で動作確認はしましたが、必ず実行前にバックアップしてください)

if( isset($_GET["upgradeUtf8mb4"]) && $_GET["upgradeUtf8mb4"==1 )
{
        require_once ABSPATH."wp-admin/includes/upgrade.php";

        if ( is_multisite() ) {
                $tables = $wpdb->tables( 'blog' );
        } else {
                $tables = $wpdb->tables( 'all' );
                if ( ! wp_should_upgrade_global_tables() ) {
                        $global_tables = $wpdb->tables( 'global' );
                        $tables = array_diff_assoc( $tables, $global_tables );
                }
        }

        foreach ( $tables as $table ) {
                maybe_convert_table_to_utf8mb4( $table );
        }

        echo "done.";
        exit;
}

実行後、テーブルが変換されているのを確認したらこのコードは削除してください。

ちなみに utf8mb4_general_ci は何が違うのかと言うと、絵文字を直接保存できるようになるのです。
(逆に言うと、絵文字を使わないのであればテーブルを変換する必要は無いです)

コメント
planet-green.com

[開発/備忘録] WordPressでSchema.org用JSON-LDを出力(複数画像対応)



WordPressで構造化データ(schema.org用)のJSON-LDを<head>内に出力する関数です。function.phpに追記してください。

ネットで調べてみると似たようなコードはいくつかありましたが、複数の添付画像・複数のカテゴリーに対応したものが無かったので自作しました。

function insert_json_ld_for_schema_org()
{
	if( !is_single() || !have_posts() ) {
		return;
	}
	
  //あなたのサイトのロゴ画像をここで設定してください
  $logo = array(
		'@type' => 'ImageObject',
		'url' => 'http://*****/****.jpg',
		'width' => '240',
		'height' => '80'
	);
	
	while (have_posts()) {
		the_post();
		$category_info = get_the_category();
		if( count($category_info) > 1 ) {
			$articleSection = array();
			foreach( $category_info as $ct )
			{
				$articleSection[] = $ct->name;
			}
		} else 	{
			$articleSection = $category_info[0]->name;
		}
		
		//添付画像を取得
		$attachments = get_children( array( 'post_parent' => get_the_ID(), 'post_type' => 'attachment', 'post_mime_type' => 'image') );
		
		$images = array();
		foreach($attachments as $image) {
			$src = wp_get_attachment_image_src( $image->ID, 'medium' );
			$images[] = array(
				'@type' => 'ImageObject',
				'url' => $src[0],
				'width' => strval($src[1]),
				'height' => strval($src[2])
			);
		}
		
		//添付画像が無い場合はアイキャッチ画像を取得
		if( !count($images) ) {
			if( has_post_thumbnail() ) {
				$thumbnail_id = get_post_thumbnail_id(); 
				$src = wp_get_attachment_image_src( $thumbnail_id , 'medium' );
				$images = array(
                                	'@type' => 'ImageObject',
                                	'url' => $src[0],
                                	'width' => strval($src[1]),
                                	'height' => strval($src[2])
				);
			} else {
				//それも無い場合はロゴ画像をセット
				$images = $logo;
			}
		}
		$data = array(
			'@context' => 'http://schema.org',
			'@type' => 'Article',
			'headline' => get_the_title(),
			'author' => array(
					'@type' => 'Person',
					'name' => get_the_author(),
			),
			'datePublished' => get_the_date('Y-m-d'),
			'dateModified' => get_the_modified_time( 'Y-m-d' ),
			'articleSection' => $articleSection,
			'url' => get_permalink(),
			'mainEntityOfPage' => array(
				'@type' => 'WebPage',
				'@id' => get_permalink()
			),
			'publisher' => array(
				'@type' => 'Organization',
				'name' => get_bloginfo('name'),
				'logo' => $logo,
			),									
			'image' => $images,
		);
		
		//php5.4以前のバージョンではオプション引数(JSON_UNESCAPED〜)を削除すれば大丈夫だと思います。
		echo '<script type="application/ld+json">'
			.json_encode($data, JSON_UNESCAPED_SLASHES|JSON_UNESCAPED_UNICODE|JSON_PRETTY_PRINT)
			.'</script>'.PHP_EOL;
	}
	rewind_posts();
}
add_action('wp_head','insert_json_ld_for_schema_org');

出力サンプル。

<script type="application/ld+json">{
    "@context": "http://schema.org",
    "@type": "Article",
    "headline": "[Photo] 幌見峠のラベンダー園",
    "author": {
        "@type": "Person",
        "name": "tomoya"
    },
    "datePublished": "2017-04-08",
    "dateModified": "2017-04-08",
    "articleSection": "Photo",
    "url": "https://planet-green.com/horomitouge-lavender/1501",
    "mainEntityOfPage": {
        "@type": "WebPage",
        "@id": "https://planet-green.com/horomitouge-lavender/1501"
    },
    "publisher": {
        "@type": "Organization",
        "name": "planet-green.com",
        "logo": {
            "@type": "ImageObject",
            "url": "https://planet-green.com/wp-content/uploads/2017/03/Twenty-Seventeen-capture-2017-03-28-.jpg",
            "width": "640",
            "height": "573"
        }
    },
    "image": [
        {
            "@type": "ImageObject",
            "url": "https://planet-green.com/wp-content/uploads/2017/04/horomitouge-7399-720x480.jpg",
            "width": "720",
            "height": "480"
        },
        {
            "@type": "ImageObject",
            "url": "https://planet-green.com/wp-content/uploads/2017/04/horomitouge-7418-720x480.jpg",
            "width": "720",
            "height": "480"
        },
        (略)
    ]
}</script>

そのSchema.orgなんですが、仕様についてネット上の情報が錯綜している上に、公式サイトの説明も曖昧で、いまいちよくわからない部分が多いのですよね。

例えば、記事タイトルはnameプロパティで指定すると書いてあるサイトもあれば、headlineプロパティで指定すると書いてあるサイトもあります。
Schema.org公式サイトでは簡素にnameはname、headlineはheadlineと書いてありますが言葉の定義についての説明が無いのです。

しかもgoogleまで錯綜していて、Search Console(webmasterツール)の 〔その他のリソース〕 にある 〔構造化データ マークアップ支援ツール〕 を使って画像タグのマークアップをしても、〔構造化データ テスト ツール〕を使ってチェックするとエラーになるという状態です。

そこで上記のPHP関数は、私が調べた範囲において最大公約数的な解釈をして実装しました。
間違いがありましたらコメントでご指摘していただけると幸いです。

コメント
planet-green.com

[開発/備忘録] 個人でSSL証明書を取得してHTTPS化してみた話



個人でSSL証明書を取得して当サイトをHTTPS化してみました。
証明書はGeoTrust社のRapid SSLです。

実はその少し前に無料のLet’s Encryptを試しに入れていたのですが、次章で書く懸念事項があり、Rapid SSLが3年間3,200円(税別)と安かったので購入することにしました。ちなみにニジモさんで購入しました。

Let’s Encryptについて

無料なのは大変ありがたいです。理念も素晴らしいと思います。

証明書を取得・更新するためには、一時的にWEBサーバー(Apacheやnginxなど)を停止し、専用のスクリプトを走らせる必要があります。

このスクリプトはサーバーの80ポートまたは443(SSL)ポートを独占して認証サーバーのAPIにアクセスし証明書を取得するようです。
(おそらくサーバーの所有者であることを確認するためにそのようにしているのでは無いかと思います)

証明書は90日ごとに更新が必要なので、サーバー管理者が手動で行うか自動化スクリプトをcronで登録する必要があります。

怖いのは、いつか忘れた頃にLet’s Encrypt側のAPI仕様やURLが変更されて自動更新に失敗したり、無料サービスが打ち切られてしまうことですね。

最初は無料で始まったサービスがいつのまにか有料になったり、大手企業に買収されて理念が大きく変質してしまった例を何度か見てきていますので・・。
(前者ならDynDNS、後者ならMySQLなどですね)

また、サーバーを管理する者としては、自分が忘れている間にWebサーバーが一時停止された後、何らかのトラブルで再起動に失敗するのが一番怖いです。

・・・と、懸念事項を思いつくだけ書いてみましたが、個人が趣味で運営しているようなサイトなら大きな問題にはならないでしょう。

しかし、商用利用してるサーバーや業務で扱うサーバーではリスクが大きいかもしれません。

Rapid SSLとFUJI SSLの比較

ニジモさんではFUJI SSLという日本のセコム社が販売しているSSLも取り扱っていて、こちらの方が3年2,400円(税別)と安かったので、購入時の比較対象としました。

ちなみに両者の対応ブラウザは次のようになっています。

RapidSSL

  • Internet Explorer ver.6以降 ※1
  • Chrome 1.0以降
  • Opera 9.5以降
  • Firefox 1.0.0以降
  • Mac OS X Safari 2.0以降 ※1
  • Android Ver.1.5以降 ※2
  • iOS Safari iOS3.0以降
  • Windows Phone 7以降

https://www.geotrust.co.jp/products/resources/compatibility_listing/より抜粋

FUJI SSL

  • Internet Explorer 8以上
  • Chrome(IEと同様 Windows XP SP3以降)
  • Opera 9.5以上
  • Firefox 12.0以上
  • Mac OS X 10.6.7以上
  • Android ver1.5以上 ※2
  • iOS ver2.0以上 ※2
  • Windows phone ver7以上

https://www.fujissl.jp/certificate/cer-browser/より抜粋

※1 実際にはSHA-2(SHA-256)の制限があるので、IE7以降・Mac OS X 10.5以降になるはずです。
※2 中間CA証明書を追加する必要あり。
 
携帯電話、いわゆるガラケーに関してはFUJIの方が対応率が高いようですが、当サイトに携帯からのアクセスはほとんど無いので気にしないことにします。

IEに関してはVer.7を使っている人はもうほとんどいないので問題ないのですが、Mac OSに関しては、当サイトはMac関係の記事も書いているせいか、アクセスログを見ると10.4や10.5のユーザーが稀にいるのです。

これら古いMac OS Xのサポートはとっくに切れているので使い続けるとセキュリティ的に危険なのですが、現実としてまだ使い続けている人がいる以上、完全に切り捨てるわけにもいかないというところです。

(本当は切り捨てた方が、新しいOS・ブラウザへの移行を促すのでいいのかもしれないですけど)

というわけでRapid SSLを導入したのですが、個人的には、今回の有効期限が切れる3年後ならFUJI SSLにしてもいい時期かなと思います。両者とも最近のスマホには完全対応しているので、スマホ向けサイトなどであればFUJI SSLは魅力的な選択肢になるのではないでしょうか。

»続きを読む

コメント
planet-green.com

[備忘録] WordPressのテーマをTwenty Seventeenに変更



ほぼ独り言。
当ブログのWordPressのテーマをTwenty Seventeenに変更。

WordPressのテーマ Twenty Seventeen

公式テーマだけあって可も無く不可も無く、最近のトレンド合わせて作っているという感じ。

そのままだと当ブログのような写真メインのブログには合わない部分もあるので少し微調整・カスタマイズ。SEO的にも初期状態のままだと良くない箇所がある。

hentry(microformats.org)のマークアップに対応しているのでSearch Console(Googleウェブマスターツール)の構造化データ・テストツールでエラーが出なくなったのが嬉しい。

でもschema.orgのマークアップには対応していないので、後で自分でカスタマイズしないといけない。

気が向いたらここらへんの詳細を後で追記するかも。

コメント