planet-green.com

[Photo] 冬の帰路



冬の帰路

道路は吹雪

 CANON EOS 5DMark2 / EF70-200mm F2.8L IS USM / EF24-70mm F2.8L USM

コメント
planet-green.com

[Photo] 冬の美瑛



冬の美瑛町にて。蔵出し写真。

クリスマスツリーの木。足跡はキツネなど小動物のものだと思われます。
冬の美瑛・クリスマスツリーの木

冬の美瑛・クリスマスツリーの木

人気というか、ありがちというか、定番(?)の構図。
冬の美瑛・クリスマスツリーの木

その裏側はこんな感じです。

冬の美瑛・クリスマスツリーの木

冬の美瑛・クリスマスツリーの木

ここ数年、一部の心ない観光客やカメラマンが畑の中に無断で侵入することが問題になり、それで哀しい出来事も起きたりしているので、美瑛町を訪れる方みんなで気をつけるようにすると、みんなが幸せになれると思います。

参考記事①

さようなら哲学の木 – 写真家・中西敏貴氏のブログ記事

参考記事②

美瑛町観光情報サイトより

丘のまちの農業景観は、農業を営むことにより保たれています。美瑛の丘は美瑛町で農業を営む方々の大切な私有財産ですので、
道路からご見学頂けますようお願いします。美味しい農産物を継続して生産できるよう、ご協力をお願いします。
(ご一読をお願いします)

美瑛に限ったことでは無いですが、冬期間で雪に覆われていても、もし畑の下に越冬してる球根や根があると上を歩くことでダメージを受けるし、靴に付着した病原菌を持ち込むと春まで生き延びる可能性は十分にあるので、畑への侵入は絶対にいけないです。

美瑛・白金温泉 | 白ひげの滝
白金温泉の白ひげの滝と、その周辺。
川の水が青いのは、滝からアルミニウムを含んだ水が流れているからだそうです。

美瑛・白金温泉 | 白ひげの滝

ここには日帰り入浴できる温泉が何件かあって、私が美瑛に行く時はたまに寄ってます。お勧めの温泉です。
美瑛・白金温泉 | 白ひげの滝

美瑛・白金温泉 | 白ひげの滝

Macの壁紙に採用されたことで世界的に有名になった、青い池です。冬期間限定で夜間にライトアップされています。
冬の美瑛・青い池のライトアップ

ここも、凍った池の上を歩いて渡る観光客がいて問題になりました・・・。
そもそも、氷が割れて池に落ちたら、普通に死ねます。
それと、基本的にここの白樺の木は立ち枯れしている状態なので、もし観光客が傷つけると、二度と自然回復はしません。
もし誰かが枝を折っても、二度と新しい枝は生えてきません。

冬の美瑛・青い池のライトアップ

冬の美瑛・青い池の駐車場に出没したキタキツネ

青い池の駐車所に出没したキタキツネ。ここに現れるということは、誰かが餌を与えてるということです。
この件はいつか別の機会に詳しく書こうと思いますが、人の餌を当てにするようになったキツネは大半が長生きできずに早死にすることになります。どうか北海道の観光地でキツネを見かけても安易に餌を与えないでください・・。

美瑛町の綺麗な写真を紹介しようとしたつもりが、観光客への苦言ばかりになってしまいました。
皆がルールを守るなら、綺麗でとっても素敵な町なんですよ。

CANON EOS 5DMarkII / EF24-70mm F2.8L USM(6〜9枚目) / EF16-35mm F4L IS USM

コメント
planet-green.com

[Photo] 藻岩山展望台



札幌の藻岩山にて。2015年の秋頃。

札幌市 藻岩山 もーりすカーの線路
上の写真はロープウェイで「もいわ山中腹駅」まで行ってから少し歩いて登ったところ。
通常は、ここで「もーりすカー」という名前のケーブルカー(写真に写っているのがその線路)に乗り換えて山頂まで行くのですが、これには乗らずに自然学習歩道と呼ばれる舗装された登山道を歩いて山頂まで行くことも出来ます。
15分程度で頂上まで行けるし、眺めもいいのでお勧めです。

札幌市・藻岩山の自然学習歩道と呼ばれる舗装された登山道

山頂駅。
札幌市 藻岩山 山頂駅

実はこの時は尿管結石にかかっていて、登山道を上り下りしたら振動で石が落ちるのではと考えて行ったのでした。
結果から言うと効果は無かったのですが・・。

札幌市 藻岩山 山頂駅 ラウンジ

屋上の展望台の様子。平日の昼間だったので人は少なかったですが、夜はカップルだらけになります。
札幌市 藻岩山 山頂駅 展望台

札幌市 藻岩山 山頂駅 展望台 恋人の聖地
「恋人の聖地」・・・ 商売が上手です。。

札幌市 藻岩山 山頂駅 展望台 リア充どもが夢の跡

札幌市内を一望できて、石狩湾まで見渡すことが出来ます。
夜景はさらに綺麗なのですが、それはいずれまた別の機会に。
札幌市 藻岩山 展望台からの眺望

EOS 5DMark2 + EF16-35mm F4L IS USM

コメント
planet-green.com

[Photo] 冬のモエレ沼公園



冬のモエレ沼公園の夕日
モエレ沼公園にて。2017年1月下旬。

I冬のモエレ沼公園の夕日

冬のモエレ沼公園

冬のモエレ沼公園

モエレ沼公園の時計

この日、梅田哲也さん、さわひらきさんというお二方のアーティストが札幌国際芸術祭2017のための映像作品の公開撮影を行っていました。
下の2枚は、ガラスのピラミッドの雪倉庫を開放しての作品。
札幌国際芸術祭2017 梅田哲也/さわひらき フィールド・アクション@モエレ沼公園

札幌国際芸術祭2017 梅田哲也/さわひらき フィールド・アクション@モエレ沼公園

雪倉庫は、冬の間に雪をこの倉庫一杯に詰めておき、夏にガラスのピラミッドの冷房として利用するという、エコなシステムのための倉庫です。
時々、このようなイベントで一般公開しているので、前にも何回か入ったことはありました。

次の2枚はモエレ沼の氷上にて。
ちなみに厳冬期はモエレ沼には厚い氷が張っているので巨漢の私が乗っても大丈夫ですw

札幌国際芸術祭2017 梅田哲也/さわひらき フィールド・アクション@モエレ沼公園

札幌国際芸術祭2017 梅田哲也/さわひらき フィールド・アクション@モエレ沼公園

コメント
planet-green.com

2016日本シリーズ 日本ハムファイターズ vs 広島カープ 第4戦



日本シリーズ2016 2016/10/26 日本ハムファイターズ vs 広島カープ 第4戦目 札幌ドーム

日本シリーズの日ハムvsカープは第4戦を札幌ドームで観戦しました。

札幌ドームに向かう途中、既に地下鉄の車内ではホームの日ハムファンより赤いシャツを着たカープファンの方が目立っていました。
ドームの観客席もカープファンの方が目立っていて、どちらのホームなのかわからなくなったくらいです。
試合結果はご存知の通りで、彼らが帰りに北海道の美味しいものでも食べて遠征旅行を満喫してくれたならいいのですが。

日本シリーズ2016 2016/10/26 日本ハムファイターズ vs 広島カープ 第4戦目 札幌ドーム

早めに会場に着いたら広島カープが練習をしていました。
日本シリーズ2016 2016/10/26 日本ハムファイターズ vs 広島カープ 第4戦目 札幌ドーム

日本シリーズ2016 2016/10/26 日本ハムファイターズ vs 広島カープ 第4戦目 札幌ドーム

日本シリーズ2016 2016/10/26 日本ハムファイターズ vs 広島カープ 第4戦目 札幌ドーム

日本シリーズ2016 2016/10/26 日本ハムファイターズ vs 広島カープ 第4戦目 札幌ドーム

(試合中は写真を撮ることより観戦に集中していたのでほとんど撮影してません。というか、選手がはっきり写るような望遠レンズは現在所有していないので・・・。)

日本シリーズ2016 2016/10/26 日本ハムファイターズ vs 広島カープ 第4戦目 札幌ドーム

日本シリーズ2016 2016/10/26 日本ハムファイターズ vs 広島カープ 第4戦目 札幌ドーム

日本シリーズ2016 2016/10/26 日本ハムファイターズ vs 広島カープ 第4戦目 札幌ドーム

野球観戦は楽しいのですが、満員の地下鉄に乗っていき、駅で降りてからさらに人混みに囲まれながら移動するのはさすがにちょっとしんどいです。

日ハムのホーム移転が話題になってますが、個人的には、北広島市に移転して自動車でダイレクトに球場に行けるようになれば、バスと地下鉄を乗り継いで札幌ドームに行くよりも楽になります。
現状でも車で行けないことは無いのですが、札幌ドームの駐車料金が2,500円で、周辺の民間の駐車場も数が限られているので現実的ではないのです。

とはいえ、北広島に移転しても道路が渋滞するならあまり有り難みが無いし、サラリーマンやOL、学生さんなどは帰宅途中に気軽に行けなくなってしまうと思うので、誰かが得をすれば誰かが損をするといったところでしょうか。

話は戻りますが、ファイターズが優勝して本当に嬉しかったです。次に優勝できるのは何年後でしょうね?

CANON EOS 5DMark2 + EF16-35mm F4L IS USM

コメント
planet-green.com

2016クライマックスシリーズ 日本ハムvs福岡ソフトバンクホークス 第1戦



2016/10/12 クライマックスシリーズ ファイナルステージ 北海道日本ハム 対 福岡ソフトバンクホークス 第一戦
札幌ドームにて。

昨年はCSと日本シリーズの両方をそれぞれ1回ずつ観に行くことが出来ました。
私は野球の熱烈なファンというわけではないのですが、やはり生で試合を観ると面白いですね。

CANON EOS M2 + EF-M22mm F2 STM EF-M22mm F2 STM

コメント
planet-green.com

[開発/備忘録][PHP] 複数の画像を結合した1枚のサムネイル画像を自動作成する



複数の画像を入力すると結合された1枚のサムネイル画像を作成するPHP用のライブラリです。
SNSなどでよく見かけるタイプの結合サムネイルです。
サイズは自動計算してくれます。某SNS用に作りました。
create combine thumbnail from multiple images.

System Requirements:
PHP v5.3+
ImageMagick

【実行例】

4枚の元画像を入力 / source image files



↓↓↓↓↓↓↓↓
連結して1枚のサムネイル画像を出力 / output a thumbnail  image
combine thumbnail library for php

元画像は1〜4枚に対応。

・2枚の場合は上下に並びます。 / in case of two src images
combine thumbnail library for php.(two images)

・3枚の場合は横に。 / in case of three src images
combine thumbnail library for php.(three images images)

コードと使用例。試しにGithub Gistにコードを載せてみました。

コメント
planet-green.com

[Photo] 2月の函館 / 東アジアの人たちについて考えさせられたこと



函館山展望台からの函館の夜景

一昨年の2月に函館に行く機会があった時のことです。
日本人と、中国人・韓国人との国民性の違いについて考えさせられることがありました。

有名な函館山の展望台に登ったのですが、ちょうど春節のシーズンだったので、中国と韓国からの団体さんと鉢合わせしました。
その場にいた人のほとんどが中国人で、韓国人が少し、日本人はもっと少なくて20人に1人もいなかったと思います。

そこまでは別に問題なかったのですが、彼らは展望台の前の方のいい場所を集団で陣取ったまま、後ろの人に場所を譲ろうとしません・・・。
時刻は日の入りの前後、いわゆるマジックアワーと呼ばれる夕景の綺麗な絶好の時間帯だったのですが、30分以上は最前列を独占したまま、後ろの人のことは全く気にしていない様子でした。
もし日本人だったら、何分か経ったら後ろの人に譲るとか、「代わりましょうか?」と尋ねるかと思うのですが、その常識が通じないようで、私と同じように後ろの方に追いやられていた日本人を見つけて、お互い大変ですねと苦笑しあいました。

やがて日が沈んで暗くなると、最前列を独占していた人たちは飽きたのかいなくなり、私はやっと前の方に出ることが出来ました。
そうしてしばらく写真を撮っていたところ、背後から中国語と身振り手振りで話しかけてくるおばさんが。
どうやら、場所を代わってほしいと言ってるらしいです。そう来られると、日本人の私としては遠慮して譲らざるをえないです。

さらにその後 後ろの方で少し休んでいると、若い女性がカメラの三脚を貸して欲しいと頼んできました。
(その人は英語が話せたので簡単な意思疎通が出来ましたが香港の大学生とのこと。)

確かにカメラマン目線で考えるのなら、目の前に一生に一度の絶景があり、しかし三脚がなくてそれを綺麗に撮れないのであれば、貸してくれる人に借りるのは正しい選択だと思います。
しかし、言葉の通じない外国に行って、見ず知らずの人に貸してと頼む度胸は日本人にはなかなか無いのではないかと思います。

以上の体験を通じて考えさせられたのですが、日本人には決定的に欠けているアグレッシブさを彼の国の人たちは持っているのだなと。良くも悪くも。

日本人同士だと互いに相手のことを察して譲りあう文化があり、これは言い方を変えると、相手に察してもらうことを期待する、ある種の甘えの文化でもあるのですが、彼らの文化では、相手にそのような配慮を期待をしないで、まずはアグレッシブに自己主張するのだと強く感じました。

例えば、前述の、展望台の最前列を独占されたケースでは、独占することは彼らの価値観では全く悪いことでは無く、譲って欲しいと言わなかった私の方が悪いのかもしれません。(あくまで、彼らの価値観においてはということです。)

余談になりますが、私が以前にアメリカに住んでいた時も、アメリカは自己主張の強い社会だと痛感させられたのですが、しかしまだ他者への配慮はあったと思います。少なくとも後ろで待っている人に気軽に挨拶して場所を交代するくらいの配慮は。

これが観光地だけの問題であれば笑い話で済むのかもしれませんが、これから先、世界を舞台にビジネスや政治の世界で協力あるいは競争していかないといけない相手の人たちがこのようにアグレッシブで、かたや日本人の方は控えめで遠慮がちな性格だと、かなり不利になると思うのです。

はたして、このような隣人たちを相手に、日本人はうまく付き合っていけるのだろうかと考えさせられた体験でした。

函館ハリストス正教会
函館ハリストス正教会。
ここら辺は函館山ロープウェイの乗り場から近く、開拓時代の古い町並みが残っているので、ぶらりと散策するだけでも楽しいと思います。

函館・八幡坂 / 摩周丸
八幡坂と摩周丸

JR函館駅
JR函館駅

ラッキーピエロ 五稜郭公園前店
函館名物、ラッキーピエロの五稜郭公園前店。右の塔は五稜郭タワー。

ラッキーピエロのチャイチキ(チャイニーズチキンバーガー)セット
その人気メニュー、チャイチキ(チャイニーズチキンバーガー)セット

CANON EOS 5DMark2 / EF16-35mm F4L IS USM / TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD

コメント