planet-green.com

[Photo] ゴッホ展



最終日の前日に行ってきた札幌のゴッホ展。
ゴッホ以外にも葛飾北斎や歌川広重の代表作もあって良かったです。
北海道に住んでいるとなかなか本物の浮世絵を見る機会が無いので。
ゴッホ展(札幌)

ゴッホ展(札幌)
代表作「寝室」を再現した空間。ここだけ撮影可でした。

北一通り
📷 EOS M2 / EF-M22mm F2 STM

コメント
planet-green.com

[Photo] 北3条広場の銀杏並木



北3条広場(アカプラ)の銀杏並木がライトアップされていて綺麗でした。
札幌市・北3条広場の銀杏並木

札幌市・北3条広場の銀杏並木

札幌市・北3条広場の銀杏並木で『今日ドキッ』の収録をしている光景

写真を撮っていたらローカルテレビ番組(今日ドキッ)の男性キャスターから、収録の合間に気さくに声を掛けていただきました。

よく考えてみたら、撮影現場をウロチョロしていたので不審人物かどうかの確認のために声を掛けられたのかもしれません(笑)

札幌市・北3条広場の銀杏並木

札幌市・北3条広場の銀杏並木

札幌市・大通公園の噴水
おまけ。大通公園にて。
こちらも街路樹の紅葉が見頃でした。

札幌市・大通公園の噴水と北洋大通センター

📷 EOS M2 / EF-M22mm F2 STM

コメント
planet-green.com

MOMO初号機(日本初の民間ロケット)打ち上げレポート



日本初の民間ロケットの打ち上げを見学しに大樹町(北海道)に行ってきました。
これは北海道のベンチャー企業・インターステラテクノロジズ社が開発したMOMO初号機という全長10メートルのロケットで、巷ではホリエモンロケットと呼ばれたりもしてます。

インターステラテクノロジズ MOMO初号機打ち上げ

個人的な感想など

  • 会場には北海道だけでなく日本全国から見に来ている人がいました。私が話をした人の中では一番遠くは広島県からでした。
  • 大樹町はロケット打ち上げに適した場所ではあるものの、休漁期にしか打ち上げられないので、次回は早くても9月以降になるとのこと。
  • PV(パブリック・ビューイング)会場にはピーク時で1300人いた模様。(思ったより少ない?)
  • やはり来ていた人の大半が宇宙開発に興味のある人、理解のある人だったようで、度重なる打ち上げ延期に不満を言う人は、少なくとも私のいた周囲にはいませんでした。
  • 打ち上げは失敗でしたが、NASAやJAXAだって散々失敗して今の技術力があるわけですので、全然悲観しなくていいと思います。
  • 天候のせいでロケットを肉眼で見れなかったのは残念ですが、日本の宇宙開発史に残るであろうイベントに参加できたことをそれなりに楽しめたと思います。(と書くと少し大げさでしょうかね)
  • 会場のスタッフさんに話を聞いたところ、大樹町役場の職員さん逹が総出で会場整理や交通誘導などをしているとのこと。彼らは一生懸命にもてなしてくれましたが、基本的にイベント運営のプロでは無いしお金を取っているわけでもないので、あまり多くのことを期待してはいけないでしょう。
  • 新聞各社の報道を見ると産経新聞の打ち上げ失敗を酷評する記事が特に目に付きます。まだ昔のことでホリエモンを恨んでるんでしょうかね。もしそうだとしても、ホリエモン個人への遺恨を、開発スタッフや大樹町の協力者など大勢の人々が関わっている今回の一大プロジェクトに当てつけるのは、メディアとしてどうなんでしょうか。

»ç¶šãã‚’読む

コメント
planet-green.com

[Photo] 北のスクランブル交差点



札幌・冬のスクランブル交差点

札幌・冬のスクランブル交差点と市電

地下歩行空間が出来たせいか、夜ともなると地上の人影はまばらです。特に寒い時期は。

EOS M2 / EF-M22mm F2 STM

コメント
planet-green.com

Lightroom CCとDxO OpticsPro 11の比較レビュー【後編】



ノイズ除去性能の比較・画像その②

前編からの続きです。

前回はフルサイズ機でのテストでしたが、今回はAPS-C機のEOS M2でのテストです。

以下の作例は手持ちで撮っているのでしっかり撮れているとは言い難いですが、そもそも、三脚のある場面だったらこのような高感度で撮ることはまず無いはずなので、実戦に近いデータと言えるのでは無いでしょうか?(言い訳)

さて、面白いことに、同じCANON同士なのに先ほどの5D2とはノイズの乗り方・パターンが微妙に違うのですね。単にノイズ量の多い少ないでは無しに。

5D2はもう10年近く前の機種でM2は割と最近の機種なので、技術の年代のせいかもしれません。そのためか最適なノイズ除去パラメーターも微妙に違っているように感じました。

撮影データ

  • カメラ: CANON EOS M2
  • レンズ: EF-M22mm F2 STM
  • ISO 3200
  • F/4.0
  • 1/30秒

先ほどと同様、色収差やシャープの設定はオフにしていますが、何故か初期状態の時点でLightroomとDxOとで色調・コントラストが大きく異なっており、簡易的に調整して近づけましたが全く同じにはなっていないです。

ノイズ除去量とディテールも同じ感じになるように調整したつもりですが、両者の性格が違うので、全く同じにはならなかったことをご容赦ください。

ノイズ除去性能の比較 | ISO3200 | DxO OpticsPro 11 | 初期設定
初期状態(DxO)

ノイズ除去性能の比較 | ISO3200 | Lightroom CC

Lightroom CC
「ノイズ軽減」の設定

  • 輝度: 40
  • ディテール: 50
  • コントラスト: 0
  • カラー: 30
  • ディテール: 50
  • 滑らかさ: 50

ノイズ除去性能の比較 | ISO3200 | DxO OpticsPro 11

DxO OpticsPro 11
「ノイズ除去」の設定

  • 輝度ノイズ: 30
  • カラーノイズ: 70
  • 低周波: 70
  • デッドピクセル: 32

»ç¶šãã‚’読む

コメント
planet-green.com

2016クライマックスシリーズ 日本ハムvs福岡ソフトバンクホークス 第1戦



2016/10/12 クライマックスシリーズ ファイナルステージ 北海道日本ハム 対 福岡ソフトバンクホークス 第一戦
札幌ドームにて。

昨年はCSと日本シリーズの両方をそれぞれ1回ずつ観に行くことが出来ました。
私は野球の熱烈なファンというわけではないのですが、やはり生で試合を観ると面白いですね。

CANON EOS M2 + EF-M22mm F2 STM EF-M22mm F2 STM

コメント
planet-green.com

[Photo] サイクリングロード



豊平川サイクリングロードのコスモス

豊平川のサイクリングロードにて。
昨シーズンは何度かここを通って雁来から澄川のコーチャンフォーまで行きました。
(札幌市民にしかわからない話ですいません)
写真は秋頃のもので、脇に咲いてる花はコスモスです。

札幌市・豊平川のサイクリングロード

カモメが捕まえた魚をついばみ、その近くでカラスがおこぼれに預かろうと狙っている光景。
魚はけっこう大きかったので鮭だったかも。
豊平川のサイクリングロードにて

CANON EOS M2 + EF-M22mm F2 STM

コメント
planet-green.com

[Photo] 秋のモエレ沼公園



黄昏時のガラスのピラミッド

昨年の秋にモエレ沼公園で撮った写真です。
旧ブログでも書いていましたが、近所(田舎基準)にあるのでたまに散歩を兼ねて行ってます。

最近の散歩のお供は、一昨年の暮れくらいにサブカメラとして購入したCANON EOS M2です。
レンズはEF-M22mm F2 STMを付けっぱなしにしています。
ちょうどEOS M3が発売された時期だったので型落ちで安く買うことが出来ました。

最近、歳のせいかあちこちの関節が悲鳴を上げるようになり、重い一眼レフと機材一式を取り回すのがちょっとつらくなってきました。
それに比べて最近のミラーレスカメラは軽くて小さくて画質も綺麗、気軽に持ち歩けてなかなか便利ですね。
風景を撮るだけだったらもうこれだけでいいような気もしてきます。
とはいえ、動体や人物を撮る時、気合いを入れて撮る時はやはりまだまだ一眼レフが不可欠です。

モエレ沼の夕日

モエレ沼公園の黄昏

CANON EOS M2 + EF-M22mm F2 STM

コメント