planet-green.com

札幌国際芸術祭2017・その1



9月30日〜10月1日に駆け足で札幌国際芸術祭2017を見てきました。
残念ながら行けたのはモエレ沼公園会場と街中のいくつかの会場だけですが。

まずはモエレ沼公園会場。紅葉が始まっていました。
札幌国際芸術祭2017

札幌国際芸術祭2017

松井紫朗氏 バルーン状の彫刻作品 | 大黒淳一《ハルモニア》
大黒淳一氏の古いレコードプレーヤーを使った作品『ハルモニア』と、松井紫朗氏のバルーン状の彫刻作品『climbing time / falling time』。

札幌国際芸術祭2017

ガラスのピラミッドの1階から3階までを黄色いバルーンで繋げて、人が中に入れるようになってしました。

スタッフの人によると、この日は少し萎れてしまっていたそうで。

松井紫朗氏 バルーン状の彫刻作品 climbing time / falling time

大友良英 サウンド・オブ・ミュージック
大友良英氏『サウンド・オブ・ミュージック』

松井紫朗氏 バルーン状の彫刻作品 climbing time / falling time

ナムジュン・パイク《K-567》
ナムジュン・パイク氏『K-567』

大黒淳一《ハルモニア》

外では市民参加イベントで手作りの風呂敷をモエレ山に敷いたり、野外ライブをやったりしていました。

私は観てませんが後から知ったところによると、のん(能年玲奈)さんが出演していたそうです。

伊藤隆介「長征-すべての山に登れ」
伊藤隆介氏『長征-すべての山に登れ』
モエレ沼の頂上まで自転車を並べた作品でした。

伊藤隆介「長征-すべての山に登れ」

伊藤隆介「長征-すべての山に登れ」

伊藤隆介「長征-すべての山に登れ」

松井紫朗氏 バルーン状の彫刻作品 climbing time / falling time

全体として、モエレ沼公園会場の展示作品は見ていて楽しいものが多かったと思います。

モエレ沼公園そのものがイサム・ノグチ氏による壮大なアートなので、観光などで初めていらした方だと見応え十分だったのではないでしょうか。

(時間のある時にその2を書きます。)

コメント
planet-green.com

[Photo] 夜の美瑛にて



蔵出し写真。美瑛町にて。

美瑛の星空

📷 5D MarkII / EF24-70mm F2.8L USM

コメント
planet-green.com

MOMO初号機(日本初の民間ロケット)打ち上げレポート



日本初の民間ロケットの打ち上げを見学しに大樹町(北海道)に行ってきました。
これは北海道のベンチャー企業・インターステラテクノロジズ社が開発したMOMO初号機という全長10メートルのロケットで、巷ではホリエモンロケットと呼ばれたりもしてます。

インターステラテクノロジズ MOMO初号機打ち上げ

個人的な感想など

  • 会場には北海道だけでなく日本全国から見に来ている人がいました。私が話をした人の中では一番遠くは広島県からでした。
  • 大樹町はロケット打ち上げに適した場所ではあるものの、休漁期にしか打ち上げられないので、次回は早くても9月以降になるとのこと。
  • PV(パブリック・ビューイング)会場にはピーク時で1300人いた模様。(思ったより少ない?)
  • やはり来ていた人の大半が宇宙開発に興味のある人、理解のある人だったようで、度重なる打ち上げ延期に不満を言う人は、少なくとも私のいた周囲にはいませんでした。
  • 打ち上げは失敗でしたが、NASAやJAXAだって散々失敗して今の技術力があるわけですので、全然悲観しなくていいと思います。
  • 天候のせいでロケットを肉眼で見れなかったのは残念ですが、日本の宇宙開発史に残るであろうイベントに参加できたことをそれなりに楽しめたと思います。(と書くと少し大げさでしょうかね)
  • 会場のスタッフさんに話を聞いたところ、大樹町役場の職員さん逹が総出で会場整理や交通誘導などをしているとのこと。彼らは一生懸命にもてなしてくれましたが、基本的にイベント運営のプロでは無いしお金を取っているわけでもないので、あまり多くのことを期待してはいけないでしょう。
  • 新聞各社の報道を見ると産経新聞の打ち上げ失敗を酷評する記事が特に目に付きます。まだ昔のことでホリエモンを恨んでるんでしょうかね。もしそうだとしても、ホリエモン個人への遺恨を、開発スタッフや大樹町の協力者など大勢の人々が関わっている今回の一大プロジェクトに当てつけるのは、メディアとしてどうなんでしょうか。

»続きを読む

コメント
planet-green.com

RETRIPが本当に酷いサイトか検証してみました



先に結論を書いてしまいましょう。本当に酷いサイトでした。
このような結論に至った経緯を書いてみたいと思います。

ざっくりとまとめると…

  • RETRIPは実際に現地に行ったことの無い人が観光情報の記事を書いているサイト。
  • そのため、事実誤認や不親切な内容の記事が少なくない。
  • 現在、Googleで『札幌 観光』を検索すると、間違いだらけのRETRIPの記事が1位に表示される(おそらく北海道以外の観光記事でも同じことが起きている)。
  • 「おまえのページランクは俺のもの、俺のページランクは俺のもの」という考え。

目 次

事の始まり:無断転載されていました

旅行キュレーションメディア《RETRIP》とは何ぞや

北海道に関する記事で検証

技術的な側面から調べてみると

そして一番の問題は・・・

»続きを読む

コメント(19)
planet-green.com

Safari 10での確定申告にはまる



今年も期限日ギリギリになって確定申告したのですが、MacのSafari 10でのe-taxでの申請にはまりました。

証明書のインストールやJavaアプレットの有効化までは問題なく出来たものの、データ送信画面で

『HJS0407E ICカードを認識できませんでした。ICカードリーダライタの設定等をご確認の上、再度処理してください。』

と表示され、そこから先に進めません。

ネットで調べてみると下記の設定が必要なことがわかりました。

Safariの「環境設定」 → 「セキュリティ」→ 「プラグイン設定」ボタンをクリック→ 左の「Java」を選択 →「keisan.nta.go.jp」のプルダウンメニューを「option」キーを押しながらクリックすると表示される「安全なモードで実行」のチェックを外す

e-Tax利用時のSafariのセキュリティ設定

参考にさせていただいたサイト
macOS Sierra 10.12とSafari 10にてe-Taxで確定申告する準備と注意点 : トイレのうず/ぼやき

 

やれやれ、、optionキーを押さないと表示されないなんて、普通はわからないですって(笑

e-TaxではSafari 10がサポート対象外になってるのですが、普通にMacを使ってる人の大半は自動アップデートで10になってるはず。
Macユーザーでここまで辿り着けたユーザーは何割いるのやら。
e-taxの説明ページにSafari 10での注意点として書いてくれたらよかったのにと思います。

Safari 10の公開時期は2016年9末。おそらく、その前にシステム更新の発注・納入が終わっていたので間に合わなかったのでしょうけれど、お役所とは言えもうちょっと柔軟になってくれてもいいのではないかと。

もっと根本的なことを言うと、各ブラウザがいつまでJavaアプレットのサポートを続けるのかは未知数なので(実際、ChromeとFirefoxは打ち切っている)、Macでもスタンドアロン版のクライアントを作って欲しいのですが。国税庁さん、お金はあるでしょう?

コメント
planet-green.com

[Photo] ペルセウス座流星群



火球のような流れ星。ペルセウス座流星群。支笏湖畔にて。

2016年はペルセウス座流星群の当たり年でした。

写真は支笏湖畔にて。

生で見た時は火球レベルの明るくて大きな流れ星だったのですが、16mmの広角レンズで撮ったので小さく写っているのが残念。

体感的には月と同じくらいの明るさで、流れ去った後も微かな光を残す尾の塵が徐々にフェードアウトしていくのがわかりました。

今年も当たり年になるよう願ってます。

CANON EOS 5DMarkII / EF16-35mm F4L IS USM

コメント
planet-green.com

[Photo] 藻岩山展望台



札幌の藻岩山にて。2015年の秋頃。

札幌市 藻岩山 もーりすカーの線路
上の写真はロープウェイで「もいわ山中腹駅」まで行ってから少し歩いて登ったところ。
通常は、ここで「もーりすカー」という名前のケーブルカー(写真に写っているのがその線路)に乗り換えて山頂まで行くのですが、これには乗らずに自然学習歩道と呼ばれる舗装された登山道を歩いて山頂まで行くことも出来ます。
15分程度で頂上まで行けるし、眺めもいいのでお勧めです。

札幌市・藻岩山の自然学習歩道と呼ばれる舗装された登山道

山頂駅。
札幌市 藻岩山 山頂駅

実はこの時は尿管結石にかかっていて、登山道を上り下りしたら振動で石が落ちるのではと考えて行ったのでした。
結果から言うと効果は無かったのですが・・。

札幌市 藻岩山 山頂駅 ラウンジ

屋上の展望台の様子。平日の昼間だったので人は少なかったですが、夜はカップルだらけになります。
札幌市 藻岩山 山頂駅 展望台

札幌市 藻岩山 山頂駅 展望台 恋人の聖地
「恋人の聖地」・・・ 商売が上手です。。

札幌市 藻岩山 山頂駅 展望台 リア充どもが夢の跡

札幌市内を一望できて、石狩湾まで見渡すことが出来ます。
夜景はさらに綺麗なのですが、それはいずれまた別の機会に。
札幌市 藻岩山 展望台からの眺望

EOS 5DMark2 + EF16-35mm F4L IS USM

コメント
planet-green.com

[Photo] 冬のモエレ沼公園



冬のモエレ沼公園の夕日
モエレ沼公園にて。2017年1月下旬。

I冬のモエレ沼公園の夕日

冬のモエレ沼公園

冬のモエレ沼公園

モエレ沼公園の時計

この日、梅田哲也さん、さわひらきさんというお二方のアーティストが札幌国際芸術祭2017のための映像作品の公開撮影を行っていました。
下の2枚は、ガラスのピラミッドの雪倉庫を開放しての作品。
札幌国際芸術祭2017 梅田哲也/さわひらき フィールド・アクション@モエレ沼公園

札幌国際芸術祭2017 梅田哲也/さわひらき フィールド・アクション@モエレ沼公園

雪倉庫は、冬の間に雪をこの倉庫一杯に詰めておき、夏にガラスのピラミッドの冷房として利用するという、エコなシステムのための倉庫です。
時々、このようなイベントで一般公開しているので、前にも何回か入ったことはありました。

次の2枚はモエレ沼の氷上にて。
ちなみに厳冬期はモエレ沼には厚い氷が張っているので巨漢の私が乗っても大丈夫ですw

札幌国際芸術祭2017 梅田哲也/さわひらき フィールド・アクション@モエレ沼公園

札幌国際芸術祭2017 梅田哲也/さわひらき フィールド・アクション@モエレ沼公園

コメント