planet-green.com

[クロスバイク🚴‍♂️] QUICK4(2018年モデル)にチェーンガードを装着してみた



QUICK4の唯一の不満はチェーンガード(or バッシュカード)が付いていないことでした。

ズボンの裾がチェーンやチェーンリングに接触して汚れるのを防ぐためにチェーンガードを取り付けたいのですが、QUICK4のクランク(SR Suntour XCM 48/36/26)に適合する純正パーツは市販されていません。

QUICK4のクランク周り / SR Suntour XCM 48/36/26

が、しかし、シマノのチェーン・ガード FC‐M532がどうやらサイズぴったりなようなので、ここは駄目元で取り寄せてみました。

QUICK4(2018年モデル)にチェーンガードを装着

結論から言うと取り付け出来ました。チェーンガード付属のボルトはサイズが短かったので、ホーマックでM5の超低頭小ネジとナットを別途購入(超低頭ネジじゃないとチェーンに干渉します)。

ネジは裏から通して表でナットを締めます。ナットを締める時はレンチが入らないので金属製ピンセットを隙間に差し込んで固定しないといけませんでした。
ネジの長さは12mmでギリギリだったので15mmの方が良かったかも。念のためにネジ止め剤を塗布しました。

QUICK4(2018年モデル)にチェーンガードを装着

QUICK4(2018年モデル)にチェーンガードを装着

もっとも、チェーンガードを装着しても裾の汚れを100%防げるわけではないので、本来なら裾バンドをつけるのが正解なんでしょうけれど。

私の場合はフロントの外側のギアはまず使わないので、チェーンガードとの組み合わせでズボンが汚れることはほぼ無くなりました。

尚、ここまで連続して自転車ネタを投稿してきましたが、次回の投稿でネタ切れとなるためいったん終了の予定です。

コメント
planet-green.com

[Photo] 札苗の桜



5月上旬。近所の空き地に咲いていた見事な桜。

札苗の桜
📷 iPhone 8

付近の住人の話だと樹齢55年で地主さんが大事にしているとのこと。
もしかしたら、この辺り一帯ではモエレ沼公園などを含めた中でも一番古い桜の樹かもしれません。

コメント
planet-green.com

[クロスバイク🚴‍♂️] QUICK4のサドルを交換してみた



QUICK4標準のサドルがどうも私の体型と合わないようなので、Amazonでレビュー評価の高かったVELOのVL3147と代えてみました。

選考基準はただ1つ、スピードや見た目は気にしないので、いかに痛みを感じずに快適に乗れるか、です。

VELO Plush VL3147 クロスバイク用の男性向けサドル

VELO Plush VL3147 クロスバイク用の男性向けサドル・商品裏

VELO Plush VL3147とQUICK4標準サドルの比較
左がVELO、右が元のCannondale純正サドル。

クッションは思っていたよりも硬め。
劇的に乗り心地が良くなったというほどではないのですが3割り増しくらい快適になったように思います。

さらにこの上からSERFAS(サーファス)のGEL入りカバーを被せて乗っています。
これは何年か前に購入して先代の時から使っていたものです。

おかげで、2,3時間程度の走行時間であれば、お尻が痛くなることはほとんどありません。
それ以上の走行時間はまだ未体験なので、そのうち挑戦してみたいと思います。

全体の面積が広いので、走行中にポジションを微妙に変えながら乗れるところも痛さ軽減に寄与していると思います。

尚、ここで言及してるお尻とは、黄門様だけのことではなく、周囲の肉も含めた全体のことを指していますので念のため。

Amazonのレビューなんかを見ていて思うのは、体系やお尻の形は人それぞれ千差万別なので、サドルが合うかどうかは乗って試してみないとわからないということですね。

一発目で当たりを引き寄せた私は運が良かったのかもしれません。

コメント
planet-green.com

[クロスバイク🚴‍♂️] Cannondale QUICK4



ここ最近は色々と慌ただしくてブログの更新をサボっておりましたが、何とか生きております。

少し前のことになりますが自転車を買い換えました。
Cannondale(キャノンデール)のQUICK4(クイック4)というクロスバイクです。
Cannondale(キャノンデール) QUICK4
リアキャリアを取り付け、サドルにはGEL入りのカバーを被せています。
サドルカバーを被せると、どうしても厚ぼったい見た目になってしまいますが、お尻の健康には代えられません(笑)

関連記事 : QUICK4のサドルを交換してみた

Cannondale(キャノンデール) QUICK4

先代のMTBルック車

買い換え前に乗っていた先代はイオンで買ったHEADという国内メーカーの、なんちゃってMTB、いわゆるルック車※1です。これに9年間乗っていました。

HEAD MTB 2009

先代を購入した当時のブログ記事。
http://tomoya.blog1.fc2.com/blog-entry-122.html

さすがに寿命なのか乗っているとミシミシとかカラカラとかいった音が聞こえるようになり、ホイールにも歪みがあるのが見て取れるようになってきたので、思い切って1つ上のクラスの自転車にステップアップすることにしました。

ルック車とは書きましたが、この100kg近い巨漢が9年間乗っても故障らしい故障は無かったので、決して悪い自転車では無かったと思います。消耗品や部品を交換してオーバーホールしたらまだ乗り続けることが出来たかもしれません。

※1 この自転車のように、見た目はMTBなのに取扱説明書に「舗装路以外は走らないでください」と書いてあるような自転車のことをルック車と呼ぶらしいです。

QUICK4にした理由

私がQUICK4を購入した理由です。

  • クロスバイクの中では前傾姿勢があまりきつくない初心者向けのライダーポジション。
  • メタボに優しいアメリカのメーカー(後述)。
  • カーボン製のフロントフォークやSAVEマイクロサスペンションと呼ばれる機構が路面からの振動・衝撃を吸収するので快適性を高めている。

歳も歳で体のあちこちから悲鳴が出始めているので、スピードよりは快適性。でもそこそこのスピードが出ると乗っていて楽しいので、そのバランスを考慮してということで。

TREK社のFX3も候補だったのですが、最終的には試乗したQUICK4に一目惚れしてしまいました。

QUICK4の感想

初めてQUICK4に乗った時は、あまりの走りの軽やかさに感動を覚えました。

このクラスのクロスバイクでこれだけ早く走れるなら、ハイクラスのロードバイクだといったいどんだけなんでしょう?

と、気になるところではありますが、今のところガチのロードバイク乗りになるだけの覚悟は無いので、当分はクロスバイクでのんびり走ることにします。

フロントフォークがカーボンなので、先代と比べるとタイヤが細くなったにも関わらず手で感じる振動がにマイルドになっています。振動自体は感じるのですが、角が取れて丸くなったような感じです。

(もっとも先代はフロントサスペンションが付いていたものの、とっくにガタが来て、ただの重しにしかなってませんでしたが。)

メタボに優しいアメリカの自転車メーカー

Cannondaleはアメリカの自転車メーカーなのですが、それも私がQUICK4を購入した理由の1つです。

というのは、日本のメーカーだと、想定体重が60〜70kgであることが多いのですね。私のような巨漢は想定外です。

その点、Cannondaleは肥満大国アメリカのメーカーだけあって、このQUICK4も重量制限が135kgと、メタボに優しい設計になっています。

Cannondale以外でも、同じアメリカのTREK社やSpecialized社のクロスバイクもほぼ同じくらいの重量制限です。

では国内メーカーの自転車に体重100kgの人が乗ったら壊れるのかというと、そういうわけではないと思いますが、やはりアメリカの実績あるメーカーの方が安心感があるかもしれません。

QUICK4 MADE IN CHINA

まあ、設計がアメリカでもMADE IN CHINAなんですけどね😭

タイヤの太さについて

とはいえ、心配なのは30Cというタイヤの細さです。もちろんロードバイクと比べると太いのですが、問題なのは私の体重。

先代はタイヤを元のブロックタイヤからSERFASのオンロードタイプ26×1.5インチ(ミリ換算で約38mm)タイヤに交換して乗っていましたが9年間で一度もパンクしませんでした。毎日乗っていたわけではないし、たまたま運が良かっただけかもしれませんが・・・。

QUICK4購入にあたって車種を選考していた時に複数のショップに行って相談したのですが、

Aショップでは
『細いタイヤはパンクしやすいので、体重のある人は38C以上がいいです。』 と言われ、

Bショップでは
『タイヤの太さは関係ないですよ。乗り方に気をつければ体重が重い人でも細いタイヤで大丈夫です。』 と言われました。

おそらくどちらも、ある条件下においては真実なのだと思います。
初心者が何も気をつけずに乗るとしたら細いタイヤはパンクしやすいのかなと思います。

その後、私なりに調べてみたところ、太いタイヤ・細いタイヤには次のようなメリット・デメリットがあることがわかりました。

○太いタイヤ

  • 路面からの振動や衝撃を吸収するので乗り心地が良くなる。
  • ペダルを漕ぐのが重くなる=スピードが出ない。
  • 多少の段差は気にせず乗り越えられる。

○細いタイヤ

  • 路面からの振動や衝撃をあまり吸収しないので乗り心地が悪くなる。
  • ペダルを漕ぐのが軽くなる=スピードが出る。
  • 段差を乗り越える時は減速したり抜重という動作をしないとパンクしやすい。

幸いにもタイヤは後から太いものに交換することが出来るので、しばらくは30Cタイヤのままで様子を見て、もし何度もパンクするようだったら35Cに変えてみようかと思います。

タイヤを太くすることは走りの軽やかさとのトレードオフになるので、出来ればこのままパンクしないことを願いたいですが。

コメント
planet-green.com

謹賀新年



東京湾から望む富士山
📷 iPhone6

あけましておめどうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

写真は昨年末に出張で東京に行った時の機内から。
よく見ると遠くに富士山が見えてます。

ついでに復路のも。
羽田から新千歳空港に向かう機上にて

羽田から新千歳空港に向かう機上にて
📷 EOS M2 / EF-M22mm F2 STM EF-M22mm F2 STM

コメント
planet-green.com

【初音ミク】メタフィジカル・ドーナツ【オリジナル曲】



久々に新曲を公開させていただきました。

【初音ミク】メタフィジカル・ドーナツ【オリジナル曲】

ニコニコ動画

YouTube

曲・詞 tomoya

イラストはピアプロから深斗さんの作品をお借りしました。→ http://piapro.jp/t/BOBH

背後に流れるラップのサンプルはLogic Pro Xに無料で付いてきたApple Loopsを少し加工して使ってます。

コメント
planet-green.com

ゼンハイザー HD 2.30i(ヘッドホン)のレビュー



少し前ですがゼンハイザー(Sennheiser)の密閉型ヘッドホン HD 2.30i (Black)を購入したのでレビュー。

ゼンハイザー HD 2.30i BLACK

外出用のヘッドホンが欲しくて購入。

必要としていた条件は、iPhoneにつなげた時にハンズフリーとして使えるマイクとリモコンが付いていて、折り畳みが出来て、SONYじゃないこと(笑)

なんでSONYが駄目かというと、以前、それなりの値段のしたノイズキャンセリングヘッドホンを持っていたのですが、イヤーパッドがボロボロになったのでSONYに問い合わせたら交換部品も無いし修理も出来ないと言われ、やり場の無い怒りに襲われたことがあったからです。

AKGやゼンハイザーなど海外のメーカーの方が交換パーツを豊富に揃えていて好感が持てます。
SONYも業務用のヘッドホンは交換パーツを揃えているようですが・・。

で、条件を満たす製品が少ない中、ヨドバシの店頭でいくつかの機種を聞き比べして、この価格帯ではこれがベストかと思い決めました。

屋外で聴くことを前提にしたチューニングをしているようで、ボーカルのあたりの中帯域と、ベースの上の方が強調されて前に出てくる感じです。

そのため、風や自動車など多少の騒音があっても聴きやすくなってると思います。

逆に言うと静かな屋内でじっくりリスニングするための音では無いですが、そこは割り切ることに。
(まあそれでも、iPhone付属のイヤホンよりは10倍くらい良い音です。)

iOS用のHD2.30iとAndroid用のHD2.30Gの2種類がある模様。

尚、冒頭の写真は写真は mimimamoのヘッドホンカバー(M)を装着している状態です。
自分は汗かきな方ですが、これで大分、蒸れが解消されました。

余談です。

店頭で聞き比べをしてみてわかりましたが、ネット上のレビューは全然当てにならないですね。

レビューで高評価の多かったヘッドホンを聴いてみると低音が強烈すぎて音のバランスが破綻していたり、とてもフラットで聴きやすいヘッドホンの評価が低かったりと。

ヘッドホンに求めるものが人それぞれ違うので、実際に自分で聴いてから決めるのが確実ですね。

私の場合は音楽制作をするので、今回の外出用ヘッドホンを別にするとモニター用としても使えるフラットな音が好みですが、「定番」とされている製品は店頭で聴いてもやはりいい音だと思いました。

コメント
planet-green.com

札幌国際芸術祭2017・その2



前回の記事の続きです。
街中エリアは半日かけて徒歩で回ってきました。


札幌デザイン開拓使(JRタワープラニスホール)

ポスター、ロゴ、パッケージなど、札幌にまつわるグラフィックデザインを通して、生活の中にあるさっぽろのデザインの歴史を辿ります

1872年以降の札幌発のデザインを紹介する企画。
説明によると、開拓史の星マーク(上の写真)が札幌で最初のデザインとのこと。


札幌発のキャラクター・ロゴデザイン。


面白い展示でしたが、残念ながら開拓史以前のアイヌ文化のデザインは無かったことにされている模様。


すすきの会場は混沌とカオスの世界でした。
上の写真は大漁居酒屋てっちゃんサテライト。


レトロスペース坂会館。オーナー秘蔵の昭和コレクション。
オーナーご夫婦がいらしてたのでお話する機会がありましたが、とても気さくで親切な方でした。


すいません、作品名・作者名を失念・・


端 聡氏の現代美術。重厚感が凄かった。


調整に余念の無い端氏。

札幌国際芸術祭2017の感想

今回の記事では紹介してないですが、正直、私にとっては難解な作品も多かったです。
市民参加イベントが多かったのは良かったと思います(私は参加してないけど)。

コメント