planet-green.com

[Photo] ロシア海軍ミサイル巡洋艦ヴァリャーグ乗艦記その2



前回の記事の続きです。

護衛艦はまぎり
今度は海上自衛隊の「護衛艦はまぎり」に乗艦。
こちらも一般公開していました。

「護衛艦はまぎり」の格納庫
後部格納庫を開放していました。

「護衛艦はまぎり」の一般公開にて 消防用具
レスキュー装備。
»ç¶šãã‚’読む

コメント
planet-green.com

[Photo] 北大金葉祭/銀杏並木のライトアップ



EOS Rの撮影テストも兼ねて北大銀杏並木のライトアップイベント、北大金葉祭(こんようさい)を見てきました。

北大銀杏並木 / 北大金葉祭 2018 / ライトアップ

北大銀杏並木 / 北大金葉祭 2018 / 紅

北大だけあってライトアップや飲食ブースなどは学生さん達の手作りなのですが、
そのライトアップがとにかく素晴らしかったです。
色の調整が出来る投光器で虹色に光を変化させながら照らしていました。
(動画も撮っているので暇に時にUPします。)

北大銀杏並木 / 北大金葉祭 2018 / ライトアップ

北大銀杏並木 / 北大金葉祭 2018 / ライトアップ
»ç¶šãã‚’読む

コメント
planet-green.com

[Photo] ロシア海軍ミサイル巡洋艦ヴァリャーグ乗艦記その1



ロシア海軍ミサイル巡洋艦ヴァリャーク(Варяг)の2018年函館港訪問

去る10月6日、ロシア海軍ミサイル巡洋艦「ヴァリャーグ」の一般公開が函館港で行われたので乗艦してきました。

防衛省 海上自衛隊のツイートより。

ロシア海軍ご一行は何かと話題になった韓国の国際観艦式に参加する前に日本に親善寄港したようです。
ロシア海軍艦に乗れる機会というのは滅多に無いことなので、私はおそらくこれが最初で最後になりそうな気がします。

P-1000 SSM 連装発射筒 ロシア海軍ミサイル巡洋艦ヴァリャーク(Варяг)
日本の海自艦とは明らかに違う無骨な迫力。
P-1000 SSM 連装発射筒(対艦ミサイル)は巨大で迫力があり、
人が立ったまま入れそうなくらいの直径がありました。
当たるかどうかはともかく、当たれば米空母も一発で沈んでしまいそう。

ロシア海軍ミサイル巡洋艦ヴァリャーク(Варяг)の一般公開
乗艦の待ち時間は1時間くらいでした。
みんな雨の降る中、辛抱強く並んでいました。

ロシア海軍ミサイル巡洋艦ヴァリャーグ(Варяг)の2018年函館港訪問

デッキに登ったところ。
見学者は20人くらいのグループに分けられ、各グループごとに一人の将校が付いて案内してくれました。
説明はロシア語でなく英語。ロシアも将校クラスになると英語を話せるインテリが多いのでしょうか。

特に訛りも無く聞き取りやすい英語だったと思うのですが軍事用語が多かったので半分くらいしかわかりませんでした・・・。

私のグループに付いてくれた将校は、ブルースウィリスに似たおっさんで、
ロシア人に対して抱きがちなステレオタイプとは真逆でとてもフレンドリーで笑顔の絶えない人でした。
»ç¶šãã‚’読む

コメント
planet-green.com

2018道新・UHB花火大会



2018道新・UHB花火大会にて。

この日はカメラを持って自転車に乗り、豊平川のサイクリングロードを安全に行けそうなところまで行ってみました。

札幌市/2018道新・UHB花火大会

札幌市/2018道新・UHB花火大会

札幌市/2018道新・UHB花火大会

札幌市/2018道新・UHB花火大会

📷 EOS 5DMark2 / SIGMA 50mm F1.4 DG HSM / TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO

コメント
planet-green.com

[Photo] 5月の八幡坂



函館の八幡坂
函館に用事で行った際の帰りに立ち寄りました。

函館の八幡坂と摩周丸・別アングルから

道の駅なないろ・ななえ
函館の隣町・七飯町に3月オープンした『道の駅なないろ・ななえ』。建物がピカピカでした。

函館市
宿泊先の窓から眺める函館湾。

ちなみに冬の八幡坂はライトアップされてこんな感じです。

📷 5DMark II / SIGMA 50mm F1.4 DG HSM / EF16-35mm F4L IS USM / iPhone8

コメント
planet-green.com

[Photo] はこだてクリスマスファンタジー



昨年のクリスマス時期に函館に行ってきました。

五稜郭公園のライトアップ
五稜郭公園のライトアップ。

函館ベイエリアのラッキーピエロと金森赤レンガ倉庫
ラッキーピエロと金森赤レンガ倉庫

函館ベイエリア

ベイエリアでは 『はこだてクリスマスファンタジー』 というイベントをやっていました。
周囲がリア充だらけの中、1人で写真をとってました。

函館ベイエリアのスターバックス
北海道で一番おしゃれな外観のスターバックス(たぶん)。

函館ベイエリアのラッキーピエロ

ラッキーピエロの大好きミルクコーヒー
ラッキーピエロの謎の自動販売機。

函館ベイエリアの花火

函館ベイエリア

函館ベイエリア

📷 EOS 5DMarkII / EF16-35mm F4L IS USM / SIGMA 50mm F1.4 DG HSM

コメント
planet-green.com

MOMO初号機(日本初の民間ロケット)打ち上げレポート



日本初の民間ロケットの打ち上げを見学しに大樹町(北海道)に行ってきました。
これは北海道のベンチャー企業・インターステラテクノロジズ社が開発したMOMO初号機という全長10メートルのロケットで、巷ではホリエモンロケットと呼ばれたりもしてます。

インターステラテクノロジズ MOMO初号機打ち上げ

個人的な感想など

  • 会場には北海道だけでなく日本全国から見に来ている人がいました。私が話をした人の中では一番遠くは広島県からでした。
  • 大樹町はロケット打ち上げに適した場所ではあるものの、休漁期にしか打ち上げられないので、次回は早くても9月以降になるとのこと。
  • PV(パブリック・ビューイング)会場にはピーク時で1300人いた模様。(思ったより少ない?)
  • やはり来ていた人の大半が宇宙開発に興味のある人、理解のある人だったようで、度重なる打ち上げ延期に不満を言う人は、少なくとも私のいた周囲にはいませんでした。
  • 打ち上げは失敗でしたが、NASAやJAXAだって散々失敗して今の技術力があるわけですので、全然悲観しなくていいと思います。
  • 天候のせいでロケットを肉眼で見れなかったのは残念ですが、日本の宇宙開発史に残るであろうイベントに参加できたことをそれなりに楽しめたと思います。(と書くと少し大げさでしょうかね)
  • 会場のスタッフさんに話を聞いたところ、大樹町役場の職員さん逹が総出で会場整理や交通誘導などをしているとのこと。彼らは一生懸命にもてなしてくれましたが、基本的にイベント運営のプロでは無いしお金を取っているわけでもないので、あまり多くのことを期待してはいけないでしょう。
  • 新聞各社の報道を見ると産経新聞の打ち上げ失敗を酷評する記事が特に目に付きます。まだ昔のことでホリエモンを恨んでるんでしょうかね。もしそうだとしても、ホリエモン個人への遺恨を、開発スタッフや大樹町の協力者など大勢の人々が関わっている今回の一大プロジェクトに当てつけるのは、メディアとしてどうなんでしょうか。

»ç¶šãã‚’読む

コメント
planet-green.com

[Photo] オリオン



秋のオリオン座
秋のオリオン座

CANON EOS 5DMarkII / SIGMA 50mm F1.4 DG HSM

コメント