planet-green.com

(Mac) 外付けSSDをFileVaultで暗号化できない時の対処法



SanDisk Extreme ポータブルSSD 500GB

「SanDisk 外付SSD 500GB エクストリーム ポータブル」をMacBook Proで使ってみたのでレビュー。

その前にまず、購入直後の状態だとMacのFileVaultでディスクを暗号化することが出来ませんでした。
SanDisk Extreme ポータブルSSDでFileVault
ディスクユーティリティで再フォーマットしようとしても、フォーマット形式の選択肢に「Mac OS拡張 (ジャーナリング、暗号化)」が出てきてくれません。

仕事で使うデータを外付けディスクに入れて持ち運ぶ時に怖いのは盗難や紛失。暗号化はマストです。

この製品の初期パーティション形式が暗号化フォーマットできない原因なので、コマンドライン(ターミナル)のコマンドで、この初期パーティションを削除する必要があります。

外付けSSDをFileVaultで暗号化できない時の対処法



※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
注意!!
これから説明する方法はdiskutilコマンドを使った経験のある上級者向けの内容です。
初心者が意味を理解せず実行すると、Macのデータが全て消えてしまう可能性があります。
実行は各自の自己責任でお願いいたします。
※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

まず、ディスク一覧を表示して外付けSSDのIDENTIFIER(識別子)を確認します。

$ diskutil list

(私の環境での表示例)
/dev/disk0 (internal, physical):
   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
   0:      GUID_partition_scheme                        *500.3 GB   disk0
   1:                        EFI EFI                     209.7 MB   disk0s1
   2:                 Apple_APFS Container disk1         500.1 GB   disk0s2

/dev/disk1 (synthesized):
   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
   0:      APFS Container Scheme -                      +500.1 GB   disk1
                                 Physical Store disk0s2
   1:                APFS Volume Macintosh HD            437.1 GB   disk1s1
   2:                APFS Volume Preboot                 22.2 MB    disk1s2
   3:                APFS Volume Recovery                519.0 MB   disk1s3
   4:                APFS Volume VM                      3.2 GB     disk1s4

(〜中略〜)

/dev/disk5 (external, physical):
   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
   0:     FDisk_partition_scheme                        *500.1 GB   disk5 ← ※※ これ! ※※
   1:                  Apple_HFS ExtremeSSD(注1)         500.1 GB   disk5s1

ここでは外付けSSDの識別子は disk5(およびdisk5s1)になってますが、これは環境によって変わります。
この識別子を間違えると大切なデータが全て消えてしまうので慎重に行ってください。
上の例はHFSでフォーマットした後ですが、初期状態だとexFATになっていると思います。

ここで普通にフォーマットしようとすると次のエラーが出るはずです。

$ diskutil cs create ExtremeSSD disk5s1

Error creating CoreStorage Logical Volume Group: A GUID Partition Table (GPT) partitioning scheme is required (-69773)

そこで完全初期化します。

$ diskutil eraseDisk JHFS+ ExtremeSSD disk5

(ExtremeSSDとなっている部分は任意の名前にしてOKです。)

Started erase on disk5
Unmounting disk
Creating the partition map
Waiting for partitions to activate
Formatting disk5s2 as Mac OS Extended (Journaled) with name ExtremeSSD
Initialized /dev/rdisk5s2 as a 465 GB case-insensitive HFS Plus volume with a 40960k journal
Mounting disk
Finished erase on disk5

確認すると・・・

$ diskutil list

(〜中略〜)
/dev/disk5 (external, physical):
   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
   0:      GUID_partition_scheme                        *500.1 GB   disk5
   1:                        EFI EFI                     209.7 MB   disk5s1
   2:                  Apple_HFS ExtremeSSD              499.8 GB   disk5s2

SanDisk Extreme ポータブルSSDでFileVault

ディスクユーティリティで暗号化で再フォーマットできるようになりました。

macOS High Sierraから導入されたAPFS(Apple File System)も選べるようになりましたが、使用中のソフトで不具合が出るのが怖いので今回はパス。

従来のMacOS拡張(HFS+)でフォーマットしました。

SanDisk 外付SSD 500GB エクストリーム ポータブルのレビュー。

さて、「SanDisk 外付SSD 500GB エクストリーム ポータブル」をしばらく使ってみた感想です。

きちんとベンチマークを取って調べてみたわけでは無いですが、体感速度は内蔵SSDと比べて遜色が無いか、それ以上に感じます。
発熱は、手で持った時に温かく感じる程度。
表面がシリコンラバーで覆われているのでMacと一緒に持ち運んでも傷つける心配がありません。

私は開発用VMをこのSSD上で動かしていますが、普通に問題なく使えています。
寿命・耐久性は使い続けてみないとわかりませんが、お薦めの製品だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※ URLを含んだコメントは承認後に表示されます。

* 画像に書かれている英数字を入力してください。