planet-green.com

MacPro2010にGeForce GTX 960を取り付ける



MacPro(2010年モデル)にGeForce GTX 960を取り付けました。
CUDAドライバーも認識されています。
取り付け手順や注意点は基本的に前回の記事と一緒です。

GeForce GTX 960をMacProに搭載
ちなみにELSAのGeForce GTX 960 2GB S.A.C SS GD960-2GERXSです。

GeForce GTX 960をMacProで認識

MacでCUDAドライバー

Final Cut Pro Xで4K動画の編集をする必要があったのですが、MacPro標準のグラフィックボード(ATI Radeon HD 5770)では重すぎてスムーズに編集できなかったのが、GTX960では何とか実用的なレベルになりました。
(とはいえ、ビデオエフェクトなどを多用すると重くなりますが。)

また、ffmpegをOpenCVを有効にしてインストールすると、エンコードの際にCUDAを利用するようで、CPU負荷が低くなってるのが確認できました。

OSのアップデートの度にビデオドライバーを入れ直さないといけないのは相変わらずで、画面が真っ黒になるので別のMacからリモート接続(『画面を共有』のこと)してインストールしてます。

コメント
planet-green.com

DxO OpticsPro用タイムラプス制作支援ツール | TimeLapse tool for DxO OpticsPro



RAW現像ソフトのDxO OpticsPro 11でタイムラプス(微速度撮影)動画制作を支援するツールを作りました。
コマンドラインで実行するPythonのスクリプトで、GitHubで公開しています。

DxOKeyFrame.py
https://github.com/SapporoTK/DxOKeyFrame.py

作例

星景タイムラプス 4K《微速度撮影》洞爺湖 | Time Lapse – Lake Tōya, Japan

(上の動画ではオリジナル曲をBGMにしてみました。)

4K Time Lapse Test (DxO OpticsPro + DxOKeyFrame.py) | タイムラプス《微速度撮影》テスト

この動画では、日の出の前後の時間帯はAvモードで撮影し、当スクリプトで拡張露出補正オプションを有効にして明るさが滑らかになるようにしています。

とはいえ、まだチラつきが出てしまうので、それが今後の課題です。
ちなみに星の軌跡はFinal Cut Pro Xのエフェクトなので当スクリプトとは関係ないです。

4Kタイムラプス《微速度撮影》モエレ沼公園 | TimeLapse – Moerenuma Park

タイムラプス 4K《微速度撮影》Sapporo city View | Time Lapse

タイムラプス 4K《微速度撮影》大通公園(札幌市)| Time Lapse – Odori Park, Sapporo, Japan

»続きを読む

コメント
planet-green.com

MacでVisual Studio + Xamarinを使ってみた感想



IT土方(by いらすとや)
アプリ開発の話。

クライアントさんに泣きつかれて頼まれてXamarinで作られたスマホアプリの修正をすることになり、少しだけ使ってみる機会がありました。

「Xamarin自体がバグだらけ。新しもの好きで人柱覚悟の人ならいいかもしれないけど、仕事ではちょっと怖くて使えない」

これが正直な感想です。

iPhoneとAndroidのアプリを共通のコードで作成できるというのが売りなのですが、実際に共通化できるのはロジック部分だけと考えた方がよさそうです。

一応、画面周りも共通化できるのですが、用意されているXamarin.Formという仕組みでは細かいレイアウトの調整が出来ないので、結局はiOSとAndroidで個別にネイティブの機能を呼び出すコードを書くことになると思います。

Xamarin.Form標準の機能だけだと、デザインの微調整に制限が多く、痒いところに全然手が届きません。

自社または個人で作るアプリならそうしたレイアウトの細部は無視することが可能かもしれませんが、クライアントさんがいる仕事だと、「ここのフォントサイズを変えてね」と言われて断るのは難しいのではないでしょうか。

»続きを読む

コメント
planet-green.com

[Photo] フィッツジェラルド



米海軍アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦・フィッツジェラルド
USS Fitzgerald in Otaru Port(Japan) at Feb, 2011

今回、伊豆半島沖で事故を起こした米イージス艦・フィッツジェラルドは小樽に親善寄港したことがあり、その時に撮った写真がありました。

この時のことで覚えているのは、2月で氷点下の小樽の夜の町(雪あかりの路が開催中だった)を上半身裸の水兵さんが楽しそうにはしゃいでいた事です。

事故に遭われたのが残念です。

コメント
planet-green.com

[Photo] 早朝の支笏湖にて



支笏湖畔の朝

支笏湖と風不死岳、樽前山

早朝の支笏湖にて。

📷 5DMarkII / EF16-35mm F4L IS USM

コメント
planet-green.com

Emoji Mosaic Generator(絵文字モザイクジェネレーター)



以前より公開中だったモザイク・アート作成ソフト「モザイク・モザイク」の絵文字版WEBサービスを試験公開しました。
無料でご利用できます。

😀Emoji Mosaic Generator🤖 (絵文字モザイクジェネレーター)

Emoji Mosaic Generator Sample

多言語対応させてる余裕が無かったので英語版での先行リリースになりましたが、簡単な英語しか使っていないので操作は難しく無いと思います(といいますか、私が簡単な英語しか使えない)。

尚、絵文字に対応してないOS/ブラウザでは正常に表示できません。スマホから見て頂けると確実です。

感想等がありましたらコメントいただけると嬉しいです。

コメント
planet-green.com

[Photo] 洞爺湖・壮瞥公園の梅林



洞爺湖の梅

洞爺湖の梅

先週は壮瞥町の梅林に行ってきました。ちょうど梅の花の開花ピークで、天気もよく最高のロケーション日和でした。

何年か前の同じ時期に行った時は、梅の花の蕾(つぼみ)が野鳥のウソに食べられて全滅していたので、今年はついに念願叶ったというところです。

洞爺湖の梅と夕日 洞爺湖と星空

北斗七星と洞爺湖。
この光の軌跡は流れ星ではないので、おそらく人工衛星か飛行機だと思います。

洞爺湖の梅

早朝の短い時間の間だけ湖面の波が収まって鏡のようになり、羊蹄山や中島のシルエットが浮かび上がるようです。

この『逆さ羊蹄』を目当てに多くのカメラマンが押し寄せていました。
朝5時頃にはもう駐車場が満杯だったでしょうか。

洞爺湖・壮瞥公園の駐車場

駐車場はこんなところで、おそらく15台くらいが限界です。

余談になりますが、壮瞥公園を登る道路は非常に狭く、車は待避所を使わないとすれ違うことが難しいです。それ自体は地方の山林などでは特に珍しいことではなく、通常であれば特に問題ないことなのですが、この日は我が目を疑う出来事が。

この狭い道路の向こうからやってきた、おばさんの運転する車が、こちらに私の車がいることをわかっていながら待避所で一時停止せずにそのまま直進してくるではないですか。

路肩ギリギリに避けて何とかすれ違うことが出来ましたが、これはちょっと困ります。というか、危ないです・・・。

洞爺湖芸術館

帰りに立ち寄った洞爺湖芸術館。この建物は以前は旧洞爺村の役場だったそうです。

洞爺湖芸術館は、洞爺湖が一望できる湖畔の小さな美術館。北海道を代表する彫刻家・砂澤ビッキの作品と、「手のひらの宇宙」をテーマにした「洞爺村国際彫刻ビエンナーレ」の作品、ユネスコ世界遺産主席写真家を務めた並河万里の写真の他、日本の近・現代文学の初版・限定本のコレクションを展示しています。また、特別展やミニコンサートなど、年間を通して多彩な企画で皆様をお待ちしています。

http://www.geijutukan.net/ より

タイムラプス(微速度撮影)動画も作成してみました。

最後になりましたが、壮瞥公園を管理・運営されている方々と公式ブログに感謝です。

📷 EOS 5DMark II / EF16-35mm F4L IS USM

コメント
planet-green.com

RETRIPが本当に酷いサイトか検証してみました



先に結論を書いてしまいましょう。本当に酷いサイトでした。
このような結論に至った経緯を書いてみたいと思います。

ざっくりとまとめると…

  • RETRIPは実際に現地に行ったことの無い人が観光情報の記事を書いているサイト。
  • そのため、事実誤認や不親切な内容の記事が少なくない。
  • 現在、Googleで『札幌 観光』を検索すると、間違いだらけのRETRIPの記事が1位に表示される(おそらく北海道以外の観光記事でも同じことが起きている)。
  • 「おまえのページランクは俺のもの、俺のページランクは俺のもの」という考え。

目 次

事の始まり:無断転載されていました

旅行キュレーションメディア《RETRIP》とは何ぞや

北海道に関する記事で検証

技術的な側面から調べてみると

そして一番の問題は・・・

»続きを読む

コメント(19)