planet-green.com

MacProへの内蔵Blu-rayドライブ取り付けと、データバックアップについての雑感



MacPro(2010)の内蔵ドライブをDVDからBDに交換しました。Pioneer BDR-211JBKです。

交換手順そのものは簡単で、下記公式マニュアル中の『光学式ドライブを交換する』
https://manuals.info.apple.com/MANUALS/1000/MA1547/ja_JP/mac_pro_mid2010_ug_j.pdf を読めば楽勝でした。

ドライブのトレイカバーを事前に取り外しておく必要があります。
取り外し方は下記アイオーデータのマニュアルが参考になると思います。
(取り外すのはトレイカバーだけでいい。)
http://www.iodata.jp/lib/manual/pdf2/dvd_flontbezel_guide-b-manu200917-01.pdf

BDR-211JBKのMacProへの取り付け
トレイカバー取り外し前

BDR-211JBKのMacProへの取り付け
取り外してMacProのドライブベイキャリアに取り付けたところ。

BDR-211JBKのMacProへの取り付け
システムからも無事に認識。

特別なソフトが無くてもMacのFinderからDVD-ROMと同じように書き込みできました。
MacProでBDの書き込み

MacProでBDの書き込み

ところが、ここで問題が。

25GB(1層) と DL 50GB(2層)のメディアでは問題なく書き込みできるのですが、XL 100GB(3層)では書き込み後の検証に入った直後にエラーが出て止まります。それも毎回。

MacでBDの書き込みエラー(0x80020063)

このディスクを検証できませんでした。ディスクが不完全である可能性があります。新しい空のディスクでやり直してください(エラーコード0x80020063)。

後から別途、読み込みテストを行うと正常に読み込めるので、Finderの検証機能だけの問題のような気がします。100GBメディアに対応してないのかもしれません。

とりあえず私のところでは、100GBのメディアに書き込みする時だけBootcampでWindowsを起ち上げてImgBurnから書き込みすることにしました。
(面倒臭いな・・・)

尚、OS X Sierraでしか試していませんので、最新のOSでは改善されてる可能性もあります。

ちなみに、Macでは別売りソフトを買わないと映画BDの再生は出来ません。
完全にバックアップ用途と割り切って購入しました。

そもそも、何故MacにBDドライブを取り付けたのか?

光学ドライブのイラスト by いらすとや http://www.irasutoya.com/2014/06/blog-post_3218.html

デジタルカメラで撮影した大量のRAWデータをどうやってバックアップするか頭を悩ませていたのですが、結局、光学メディアに保存するのがベストではないかという結論に達しました。

最近は写真を撮る機会が減ったものの、1回の撮影で32GB以上撮ることもあるので、バックアップは切実な問題でした。

容量当たりの単価や利便性ではハードディスクの方が有利なのですが、故障したり、ウイルスに感染して消去されたりするリスクがあるので、分散して保存するのが一番いいのではないでしょうか。

クラウドのストレージは、RAWデータで撮る人にとっては高すぎて論外。

例外としてAmazon Driveは写真ならRAWデータでも無制限でアップロードできる事を謳っていますが、非商業利用に限られてます(私は本職カメラマンではありませんが商用写真も撮るので対象外)。
また、2年間使わない状態が続くとすべてのファイルが削除されるので、バックアップ用途としては少し怖いです。

・・・というわけで、クラウド時代だというのに相変わらず光学メディアでバックアップを取っています。
光学メディアも寿命は10年くらいだと言われているので、決して安心は出来ないです。そもそも家が火事になったりしたら終わりですからね。
絶対に消えたらまずい大事なデータだけはクラウドにも分散して保存するのがいいのかも。

コメント
planet-green.com

MacPro2010にGeForce GTX 960を取り付ける



MacPro(2010年モデル)にGeForce GTX 960を取り付けました。
CUDAドライバーも認識されています。
取り付け手順や注意点は基本的に前回の記事と一緒です。

GeForce GTX 960をMacProに搭載
ちなみにELSAのGeForce GTX 960 2GB S.A.C SS GD960-2GERXSです。

GeForce GTX 960をMacProで認識

MacでCUDAドライバー

Final Cut Pro Xで4K動画の編集をする必要があったのですが、MacPro標準のグラフィックボード(ATI Radeon HD 5770)では重すぎてスムーズに編集できなかったのが、GTX960では何とか実用的なレベルになりました。
(とはいえ、ビデオエフェクトなどを多用すると重くなりますが。)

また、ffmpegをOpenCVを有効にしてインストールすると、エンコードの際にCUDAを利用するようで、CPU負荷が低くなってるのが確認できました。

OSのアップデートの度にビデオドライバーを入れ直さないといけないのは相変わらずで、画面が真っ黒になるので別のMacからリモート接続(『画面を共有』のこと)してインストールしてます。

コメント
planet-green.com

MacPro2010にGeForce GTX 750 Tiを取り付ける(追記あり)



MacPro 2010のグラフィックボードを純正のATI Radeon HD 5770からGeForce GTX 750 Tiに交換しました。

OS X YosemiteではGTX680や650TiなどKeplerアーキテクチャのNVIDIA製チップが動作することが知られているのですがKepler後継のMaxwellアーキテクチャについては日本語の情報がほとんどありません。
海外フォーラムを読むと750Tiへの換装に成功している人がいるようなので参考にして試してみました。

 ※ここに書いてあることを試すのは各自の自己責任でお願いします。(お約束)

注意点としては、グラフィックボードを交換する前にNVIDIAのドライバー(後述)をインストールしておかないといけません。
そうしないと、OS Xだけではグラフィックボードを認識できないので画面が真っ黒のままになります。
事前にリモートデスクトップを有効にしておけば、先にカードを交換して後からリモートでドライバーをインストール出来るかもしれませんが未検証です。

今回購入したのはELSAの GD750-2GERT。
750Tiにしたのは発熱と消費電力が少ないからです。性能を求めるならGTX 980や970も同じMaxwellコアなので動作する可能性が高いです。
(確信は無いので試すのは自己責任でお願いします。)

ELSA NVIDIA GeForce GD750Ti 2GB グラフィックボード GD750-2GERT

写真は交換前の純正ATI Radeon HD 5770

MacPRO2010の純正 ATI Radeon HD 5770

»ç¶šãã‚’読む

コメント(10)
planet-green.com

Final Cut ExpressとiMovieで音声が同期しない



久々に動画を編集する機会があって気がついたのですが・・・

Final Cut ExpressとiMovieで、動画素材に44.1KHzで別撮りした音声を重ねると、
同期しないでずれてしまいます。

頭を合わせても、5分くらい再生するとコンマ1秒くらい音声の方が早くなってしまいます。
動画ファイルから抽出した音声を貼り付けても、やはり同期してくれません。
5分で0.1秒というのは致命的です。喋る人の口の動きと声が一致しないし、何かを叩いた時に叩くより前に音が鳴るのが常人の動体視力でもわかります。

原因はわかりませんでしたが、48kHzに変換したらピタリと合うようになりました。
これに気づくまで一昼夜。

動画のフレームレートが30fpsだったので、29.97fpsを標準とするAppleのエンジンとの相性が悪かったのかもしれませんが、それなら48kHzでも同じ症状が出そうなものだし、謎のままです。

コメント
planet-green.com

NetBeans + OS X Mavericks + JDK-7u45での不具合



うちの環境だけかもしれませんが・・
OS X Mavericks + Java(JDK-7u45) + NetBeans7.4 の環境だとNetBeansが頻繁にフリーズします。

試行錯誤してみると、どうやらJDK-7u45(Java™ SE Development Kit 7, Update 45)が原因のようで、NetBeans7.3.1でもフリーズします。
ファイルの切り替え時や、検査機能を使おうとした時に高頻度で固まります。
OS X Lionでは7u45で問題なかったと記憶しているので、Mavericksとの相性問題かもしれません。

やむを得ず、こちらのページの“Uninstalling the JDK“を参考に7u45をアンインストールして、こちらからアップル製のJava SE 6をダウンロードしてインストールしなおしました。

AppleのJavaはバージョンが6ですがセキュリティパッチ対応済みなので、問題はないはず。
7u45のアンインストール時、私の場合は /Library/Java/JavaVirtualMachines/jdk1.7.0_45.jdk も削除しました。

本当はNetBeansの7.4を使いたいのですが、インストール時・起動時に7u45が無いと動かないので残念です。

余談になりますが、OSをLionからMavericksに上書きアップデートした状態で使用していた時はNetBeansがデュアルディスプレイ環境で表示の不具合を起こしていたのですが、Mavericksをクリーンインストールしたら解消しました。
Mavericksはクリーンインストールがいいようです。

コメント
planet-green.com

MacBook Pro(early 2011)のSSD換装



うちのMacBook Pro(early 2011モデル)はHDDをSSDに交換し、メモリも16GBまで拡張しています。
メモリは公式には8Gまでしか搭載できないことになってますが、実際には16G(8G x 2)まで搭載できます。
ただしメモリ拡張もSSD換装もメーカー保証外になるので自己責任で。

写真はSSDに換装した時の様子。
MacBook Pro Retina以降はメモリ・SSDの換装が困難になりましたが、2011モデルは大丈夫です。

IMG_1868

その時に購入したのがこのメモリで・・・昨年の購入時は8千円台だったのに、今みると倍近くになってます。
ノートPC用のPC3-10600(DDR3-1333)メモリが品薄になってるのでしょうか?
Transcend JetRam ノートPC用増設メモリ PC3-10600(DDR3-1333) 16GB KIT(8GB x 2) 永久保証 JM1333KSH-16GK
(Transcend ノートPC用メモリ PC3-10600 DDR3 1333 16GB 1.5V 204pin SO-DIMM Kit)

SSDはこれ。
(国内正規代理店品5年間長期保証付き)PLEXTOR PX-512M5P
(PLEXTOR PX-512M5P)

このPLEXTORのSSDは現在は廃版になっているようですが、SATA規格であれば他の製品でも問題なく接続できると思います。(ただし自己責任で。)

例えば、↓のCrucial製SSDはレビューにMacBook Proでの動作報告があるので安心できるのではないでしょうか。

 

あと、MacBook ProのHDDを換装するにはこの特殊ドライバーが必要です。

MacBookの裏蓋は通常の精密ドライバーで簡単に外れるようになっているので、特に難しい作業ではないと思います。
長いネジと短いネジが混在しているので、外した場所がわかるようにしながら作業するといいかもしれません。

他に気をつけないといけないのは、事前に体に溜まっている静電気を水道管などに触れて放電しておくことと、
HDD(SSD)を接続しているフレキシブルケーブルを傷つけないようにすることでしょうか。

具体的手順はここが参考になると思います。

普段からTimeMachineでHDDをバックアップしているなら、SSD換装後は驚くほど簡単にデータを移行できます。
(ユーティリティー → 移行アシスタント)

ただし、wavesなどアクティベーションが必要なソフトをインストールしている場合は、念のためライセンスをクラウド等に移しておくのがいいと思います。

そして、SSD換装後は忘れずにTrimをオンにしておくと、寿命も延びパフォーマンスも上がります。
Trim Enabler

私はDAWでの音楽制作もこのMacBookで行っていまして、今までHDDではBDF2やKontaktのライブラリ読み込みに時間が掛かり、再生させるとHDDの負荷ですぐに止まっていたのが、かなりスムーズに再生できるようになりました。(もっとも、当然ながらCPUの負荷までは低減できませんが。)

ちなみにearly 2011モデルの17インチはSSDとの相性で問題が起きるようですが、解決策もあるようです。
MacBook Pro 17インチ Early 2011のSATA 3問題が解消!

コメント
planet-green.com

MacBook Pro (early 2011)のバッテリー交換



先月のことですが、愛用していたMacBook Pro(early 2011)のバッテリーが死亡しました。

しばらく前から、メニューバーのバッテリーのアイコンをクリックすると『バッテリーの交換修理』と表示されていたのですが、ついに『バッテリーがありません』となってしまいました。

MacBook PRO「バッテリーがありません」の表示

普通のノートPCであれば、バッテリーが無くてもAC電源だけで問題なく使えると思うのでずか、MacBook Proはバッテリーが無いと起動すらしなくなります。

このスクリーンキャプチャーを撮った後、しばらくしたら起動もしなくなってしまいました。
(正確に言うと、ログイン画面までは出るがその後で落ちる)

バッテリーがまだ認識されていた時でも、CPU使用率の高い(=電力消費の高い)アプリケーションを動かしていると、あっという間に充電率が減っていき、ゼロになった時点でシャットダウンしていました。

おそらく、最大時の消費電力が、ACアダプターからの給電力より大きいからだと思いますが、この設計思想はどうなのでしょう。
交換用バッテリーの予備在庫はいつまでもあるわけでは無いでしょうから、次のバッテリー交換時に在庫が無ければ、その時がこのMacBook Proの寿命となります。

それ以外は全く不満の無い、素晴らしい製品なんですけどね、MacBook Pro。

で、AppleのGenius Barに予約して持ち込み、当日中に交換修理していただきました。約1万3千円の出費。

バッテリーを長持ちさせるにはこんな方法がいいらしいです。
MacBookのバッテリーと長く付きあう3つのコツ

全然気をつけてませんでした。

コメント