planet-green.com

ブラックアウト – 大停電の夜に



既にご存知かとは思いますが、先日の北海道胆振東部地震により、北海道は大規模な停電に見舞われました。
不謹慎だとは思いつつも、その日の夜は自転車で大通公園〜ススキノ方面に突撃してきました。

北海道地震に伴う大停電の夜/大通公園とテレビ塔と星空
札幌テレビ塔は、時刻を表示している電光掲示板が消灯していました。
周囲一帯では、非常電源を備えたビルの明かりだけが点いていたようです。
写真は強めに露光しているので明るく感じられるかもしれませんが、実際はもっと暗かったです。

北海道地震に伴う大停電の夜/すすきのニッカの看板

『眠らない街』と形容されることも多いススキノですが、この日は完全に眠ってました。

殆どの通りが擦れ違う人の顔もわからないくらいの真っ暗闇で、大きい通りには通行人がちらほらいましたが、ちょっと路地裏に入ると人っ子一人いない感じでした。
そこかしこで電池切れを知らせる火災報知器のブザーが鳴ってましたが、それでも不思議と落ち着いていて怖くは無かったです。

なんとも不思議な光景でした。

北海道地震に伴う大停電の夜/すすきの

北海道地震に伴う大停電の夜/すすきの

軒先にテーブルを出して臨時営業している飲食店が、私が見つけた範囲では2店ありました。頑張ってましたね。

北海道地震に伴う大停電の夜/すすきのヘルス

北海道地震に伴う大停電の夜/すすきのストリート

北海道地震に伴う大停電の夜/すすきの交番前
すすきの交番は警察車両にその機能を委譲してるようでした。

北海道地震に伴う大停電の夜/大通公園とテレビ塔と星空

星の綺麗な夜でした。

📷 EOS 5DMarkII / SIGMA 20mm F1.4 DG HSM

コメント
planet-green.com

[Photo] ルスツの雲海



雲海テラス

留寿都の雲海テラス

留寿都村某所の雲海テラス。

ここは6月・9月限定で素敵な雲海を見ることが出来きる場所です。アクセスも良く札幌から車で2時間もあれば行けます。
以前の記事に掲載した写真もここで撮りました。

3年前に私の星景写真の先生であるNさんにこの場所を教えていただいて以降、毎年足を運んでいます。

しかし、初めて行った時は辺り一面に広がるパーフェクトな雲海を見ることが出来たものの、その後はなかなか気象条件に恵まれず、プチ雲海(不完全な雲海のことを私はこう呼んでる)しか拝めていません。😭

毎年、雲海シーズンになると気象データと睨めっこしていたので雲海の発生する気象条件は何となくはわかってきましたが・・・。

天の川と留寿都村の夜景

雲海と羊蹄山。その向こうにニセコアンヌプリ

羊蹄山と、その向こうにニセコアンヌプリ。

留寿都の雲海

羊蹄山
これはプチ雲海の時。

ドローン

ある訪問時。その日は天候の読みが外れて、霧が濃すぎて何も見えなかったのですが、それでもドローンで撮影しに来ている方がおられました。

話をお伺いしたところ、山頂が濃霧に包まれててもドローンをさらに数百メートル上まで飛ばせば雲海が撮影できるとのこと。

そういえば最近は、北海道の山林などに行くとドローンで撮影している人に会う機会が増えたように思います。

霧の中のドローン

霧の中のドローン

注: 上記の出来事は2015年のことですが、現在、このエリア一帯はドローンが禁止されています。また、ここに限らず、(対地高度で)150m以上の高さに飛ばすことも法律で禁止されました。どうしてもドローンを飛ばしたい方は近くの尻別岳に行けば可能だと思いますが、事前に飛行許可の確認をお願いします。

道の駅の産直市場

余談になりますが、ルスツに行った帰りに必ず立ち寄っているのが道の駅(230ルスツ)の産直ショップです。

安い、新鮮、美味しいと三拍子揃っているのでついつい買いだめしてしまいます。
(この写真の値札が見えるでしょうか? )

ルスツに限らず、北海道の道の駅には大抵、産直市場があるのでお勧めです。

ルスツの道の駅の産直野菜

📷 5DMarkII / TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USD / iPhone6

コメント
planet-green.com

[Photo] 夜の美瑛にて



蔵出し写真。美瑛町にて。

美瑛の星空

📷 5D MarkII / EF24-70mm F2.8L USM

コメント
planet-green.com

[Photo] 早朝の支笏湖にて



早朝の支笏湖にて。

支笏湖畔の朝

支笏湖と風不死岳、樽前山

支笏湖畔にて

📷 5DMarkII / EF16-35mm F4L IS USM

コメント
planet-green.com

[Photo] 洞爺湖・壮瞥公園の梅林



洞爺湖の梅

洞爺湖の梅

先週は壮瞥町の梅林に行ってきました。ちょうど梅の花の開花ピークで、天気もよく最高のロケーション日和でした。

何年か前の同じ時期に行った時は、梅の花の蕾(つぼみ)が野鳥のウソに食べられて全滅していたので、今年はついに念願叶ったというところです。

洞爺湖の梅と夕日 洞爺湖と星空

北斗七星と洞爺湖。
この光の軌跡は流れ星ではないので、おそらく人工衛星か飛行機だと思います。

洞爺湖の梅

早朝の短い時間の間だけ湖面の波が収まって鏡のようになり、羊蹄山や中島のシルエットが浮かび上がるようです。

この『逆さ羊蹄』を目当てに多くのカメラマンが押し寄せていました。
朝5時頃にはもう駐車場が満杯だったでしょうか。

洞爺湖・壮瞥公園の駐車場

駐車場はこんなところで、おそらく15台くらいが限界です。

余談になりますが、壮瞥公園を登る道路は非常に狭く、車は待避所を使わないとすれ違うことが難しいです。それ自体は地方の山林などでは特に珍しいことではなく、通常であれば特に問題ないことなのですが、この日は我が目を疑う出来事が。

この狭い道路の向こうからやってきた、おばさんの運転する車が、こちらに私の車がいることをわかっていながら待避所で一時停止せずにそのまま直進してくるではないですか。

路肩ギリギリに避けて何とかすれ違うことが出来ましたが、これはちょっと困ります。というか、危ないです・・・。

洞爺湖芸術館

帰りに立ち寄った洞爺湖芸術館。この建物は以前は旧洞爺村の役場だったそうです。

洞爺湖芸術館は、洞爺湖が一望できる湖畔の小さな美術館。北海道を代表する彫刻家・砂澤ビッキの作品と、「手のひらの宇宙」をテーマにした「洞爺村国際彫刻ビエンナーレ」の作品、ユネスコ世界遺産主席写真家を務めた並河万里の写真の他、日本の近・現代文学の初版・限定本のコレクションを展示しています。また、特別展やミニコンサートなど、年間を通して多彩な企画で皆様をお待ちしています。

http://www.geijutukan.net/ より

タイムラプス(微速度撮影)動画も作成してみました。

最後になりましたが、壮瞥公園を管理・運営されている方々と公式ブログに感謝です。

📷 EOS 5DMark II / EF16-35mm F4L IS USM

コメント
planet-green.com

[Photo] 夜桜



北海道森町・オニウシ公園の夜桜と星

北海道の桜が咲くのはまだまだ先ですが・・・

蔵出し写真。星の下、静かに佇む夜桜。
北海道森町・オニウシ公園にて。
ここは道の駅「YOU・遊・もり」に隣接していて
たまたま休憩で立ち寄った時に見つけました。

5DMarkII / EF16-35mm F4L IS USM

コメント
planet-green.com

[Photo] ペルセウス座流星群



火球のような流れ星。ペルセウス座流星群。支笏湖畔にて。

2016年はペルセウス座流星群の当たり年でした。

写真は支笏湖畔にて。

生で見た時は火球レベルの明るくて大きな流れ星だったのですが、16mmの広角レンズで撮ったので小さく写っているのが残念。

体感的には月と同じくらいの明るさで、流れ去った後も微かな光を残す尾の塵が徐々にフェードアウトしていくのがわかりました。

今年も当たり年になるよう願ってます。

CANON EOS 5DMarkII / EF16-35mm F4L IS USM

コメント
planet-green.com

[Photo] オリオン



秋のオリオン座
秋のオリオン座

CANON EOS 5DMarkII / SIGMA 50mm F1.4 DG HSM

コメント