planet-green.com

[Photo] 歌志内市の大正館と郷土館ゆめつむぎ



大正館

大正館は歌志内市在住の画家・本城義雄氏の私設ギャラリーで、1年のうちGW(ゴールデンウイーク)の時だけ一般公開されています。

今年(2017年)のGWに訪問させて頂きました。

かつては炭坑の町として栄えた歌志内。
その当時を偲ばせる生活雑貨が2階建て石造り倉庫の中にところ狭しと並べられています。

これらの雑貨は元々は本城氏が絵画に描く小道具の参考資料として収集したものだったとのこと。

壁を埋め尽くす時計はこの一般公開の時だけ一つ一つゼンマイを巻いて動かしているそうです(その作業量を思うと頭が下がります・・・)

時計たちがチクタクと秒針を刻み、時折、時報の鐘を鳴らしながら動き続けていると、命を宿して生きているような感じがします。
(と、時計の収蔵品が多い理由について氏がそのように仰っていたのですが、細かい文面は忘れたので私の言葉で再構成しました。)

実際、当時の世界がこの空間の中でまだ生きているような、不思議な感覚に陥りました。

そして是非いっしょに見て頂きたいのは隣のアトリエで同時公開されている氏の絵画です。
シュールレアリスムの世界は見応えがあります。

本城氏は国画会会員・全道展会員で、道展では審査員も務められており、そんな実績のある氏が作品だけでなくアトリエ・収集資料まで一般公開してくださるのは太っ腹と言うしかありません。

入場料は無料ですが、個人で無償公開されている氏を応援するためにも、是非、募金代わりにポスター(1000円くらい)を買って頂ければと思います(私は回し者じゃないですよ笑)。

一階の様子の動画(音声なし)。

歌志内市郷土館ゆめつむぎ


その大正館の真向かいにあるのが『歌志内市郷土館ゆめつむぎ』。

入場料は僅か200円なのですが、こちらもなかなか見応えのある内容で、展示内容と料金の釣り合いがとれていません。

やはり石炭で栄えた時代の日常品や炭坑関連の展示が中心ですが、大正館とは年代や方向性が異なるので、ちょうどお互いに補完し合って歌志内の歴史を伝えているように感じました。

懐かしのPC-6001!

こんなところで(すいません)スバル360を見れるとは思わなかったので、ちょっとした驚きでした。

歌志内市郷土館ゆめつむぎ
http://yumetsumugi.ec-net.jp/

📷 EOS 5D MarkII / EF16-35mm F4L IS USM

コメント
planet-green.com

[Photo] ゴッホ展



最終日の前日に行ってきた札幌のゴッホ展。
ゴッホ以外にも葛飾北斎や歌川広重の代表作もあって良かったです。
北海道に住んでいるとなかなか本物の浮世絵を見る機会が無いので。
ゴッホ展(札幌)

ゴッホ展(札幌)
代表作「寝室」を再現した空間。ここだけ撮影可でした。

北一通り
📷 EOS M2 / EF-M22mm F2 STM

コメント
planet-green.com

札幌国際芸術祭2017・その2



前回の記事の続きです。
街中エリアは半日かけて徒歩で回ってきました。


札幌デザイン開拓使(JRタワープラニスホール)

ポスター、ロゴ、パッケージなど、札幌にまつわるグラフィックデザインを通して、生活の中にあるさっぽろのデザインの歴史を辿ります

1872年以降の札幌発のデザインを紹介する企画。
説明によると、開拓史の星マーク(上の写真)が札幌で最初のデザインとのこと。


札幌発のキャラクター・ロゴデザイン。


面白い展示でしたが、残念ながら開拓史以前のアイヌ文化のデザインは無かったことにされている模様。


すすきの会場は混沌とカオスの世界でした。
上の写真は大漁居酒屋てっちゃんサテライト。


レトロスペース坂会館。オーナー秘蔵の昭和コレクション。
オーナーご夫婦がいらしてたのでお話する機会がありましたが、とても気さくで親切な方でした。


すいません、作品名・作者名を失念・・


端 聡氏の現代美術。重厚感が凄かった。


調整に余念の無い端氏。

札幌国際芸術祭2017の感想

今回の記事では紹介してないですが、正直、私にとっては難解な作品も多かったです。
市民参加イベントが多かったのは良かったと思います(私は参加してないけど)。

コメント
planet-green.com

札幌国際芸術祭2017・その1



9月30日〜10月1日に駆け足で札幌国際芸術祭2017を見てきました。
残念ながら行けたのはモエレ沼公園会場と街中のいくつかの会場だけですが。

まずはモエレ沼公園会場。紅葉が始まっていました。
札幌国際芸術祭2017

札幌国際芸術祭2017

松井紫朗氏 バルーン状の彫刻作品 | 大黒淳一《ハルモニア》
大黒淳一氏の古いレコードプレーヤーを使った作品『ハルモニア』と、松井紫朗氏のバルーン状の彫刻作品『climbing time / falling time』。

札幌国際芸術祭2017

ガラスのピラミッドの1階から3階までを黄色いバルーンで繋げて、人が中に入れるようになってしました。

スタッフの人によると、この日は少し萎れてしまっていたそうで。

松井紫朗氏 バルーン状の彫刻作品 climbing time / falling time

大友良英 サウンド・オブ・ミュージック
大友良英氏『サウンド・オブ・ミュージック』

松井紫朗氏 バルーン状の彫刻作品 climbing time / falling time

ナムジュン・パイク《K-567》
ナムジュン・パイク氏『K-567』

大黒淳一《ハルモニア》

外では市民参加イベントで手作りの風呂敷をモエレ山に敷いたり、野外ライブをやったりしていました。

私は観てませんが後から知ったところによると、のん(能年玲奈)さんが出演していたそうです。

伊藤隆介「長征-すべての山に登れ」
伊藤隆介氏『長征-すべての山に登れ』
モエレ沼の頂上まで自転車を並べた作品でした。

伊藤隆介「長征-すべての山に登れ」

伊藤隆介「長征-すべての山に登れ」

伊藤隆介「長征-すべての山に登れ」

松井紫朗氏 バルーン状の彫刻作品 climbing time / falling time

全体として、モエレ沼公園会場の展示作品は見ていて楽しいものが多かったと思います。

モエレ沼公園そのものがイサム・ノグチ氏による壮大なアートなので、観光などで初めていらした方だと見応え十分だったのではないでしょうか。

(時間のある時にその2を書きます。)

コメント
planet-green.com

[Photo] 札幌国際芸術祭2014/芸術の森美術館にて



先日は札幌国際芸術祭2014/芸術の森美術館会場に行ってきました。
中谷芙二子 霧の彫刻 FOGSCAPE#47412

中谷芙二子 霧の彫刻 FOGSCAPE#47412

この日は夜間公開日。
中谷芙二子氏の霧の彫刻「FOGSCAPE#47412」がライトアップされ、とても幻想的で面白かったです。

中谷芙二子 霧の彫刻 FOGSCAPE#47412

中谷芙二子 霧の彫刻 FOGSCAPE#47412

中谷芙二子 霧の彫刻 FOGSCAPE#47412

中谷芙二子 霧の彫刻 FOGSCAPE#47412

カールステン・ニコライ氏 unidisplay
壁面に電子的な映像が投影されているのですが、部屋の左右が向かい合わせの鏡になっていて、映像がどこまでも無限に続いていきます。

札幌国際芸術祭2014

札幌国際芸術祭2014

札幌国際芸術祭2014

宮永愛子氏 そらみみみそら(mine・札幌)

宮永愛子 そらみみみそら

札幌国際芸術祭は現代美術が中心のようで、難解な作品が多いのでは思っていたのですが、ダイナミックで見応えのある作品があり、私のようなニワカ芸術ファンでもとても楽しめました。

(尚、ここに掲載した写真は撮影が許可されている作品です。)

コメント