planet-green.com

札幌国際芸術祭2017・その2



前回の記事の続きです。
街中エリアは半日かけて徒歩で回ってきました。


札幌デザイン開拓使(JRタワープラニスホール)

ポスター、ロゴ、パッケージなど、札幌にまつわるグラフィックデザインを通して、生活の中にあるさっぽろのデザインの歴史を辿ります

1872年以降の札幌発のデザインを紹介する企画。
説明によると、開拓史の星マーク(上の写真)が札幌で最初のデザインとのこと。


札幌発のキャラクター・ロゴデザイン。


面白い展示でしたが、残念ながら開拓史以前のアイヌ文化のデザインは無かったことにされている模様。


すすきの会場は混沌とカオスの世界でした。
上の写真は大漁居酒屋てっちゃんサテライト。


レトロスペース坂会館。オーナー秘蔵の昭和コレクション。
オーナーご夫婦がいらしてたのでお話する機会がありましたが、とても気さくで親切な方でした。


すいません、作品名・作者名を失念・・


端 聡氏の現代美術。重厚感が凄かった。


調整に余念の無い端氏。

札幌国際芸術祭2017の感想

今回の記事では紹介してないですが、正直、私にとっては難解な作品も多かったです。
市民参加イベントが多かったのは良かったと思います(私は参加してないけど)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※ URLを含んだコメントは承認後に表示されます。

* 画像に書かれている英数字を入力してください。