planet-green.com

MacProへの内蔵Blu-rayドライブ取り付けと、データバックアップについての雑感



MacPro(2010)の内蔵ドライブをDVDからBDに交換しました。Pioneer BDR-211JBKです。

交換手順そのものは簡単で、下記公式マニュアル中の『光学式ドライブを交換する』
https://manuals.info.apple.com/MANUALS/1000/MA1547/ja_JP/mac_pro_mid2010_ug_j.pdf を読めば楽勝でした。

ドライブのトレイカバーを事前に取り外しておく必要があります。
取り外し方は下記アイオーデータのマニュアルが参考になると思います。
(取り外すのはトレイカバーだけでいい。)
http://www.iodata.jp/lib/manual/pdf2/dvd_flontbezel_guide-b-manu200917-01.pdf

BDR-211JBKのMacProへの取り付け
トレイカバー取り外し前

BDR-211JBKのMacProへの取り付け
取り外してMacProのドライブベイキャリアに取り付けたところ。

BDR-211JBKのMacProへの取り付け
システムからも無事に認識。

特別なソフトが無くてもMacのFinderからDVD-ROMと同じように書き込みできました。
MacProでBDの書き込み

MacProでBDの書き込み

ところが、ここで問題が。

25GB(1層) と DL 50GB(2層)のメディアでは問題なく書き込みできるのですが、XL 100GB(3層)では書き込み後の検証に入った直後にエラーが出て止まります。それも毎回。

MacでBDの書き込みエラー(0x80020063)

このディスクを検証できませんでした。ディスクが不完全である可能性があります。新しい空のディスクでやり直してください(エラーコード0x80020063)。

後から別途、読み込みテストを行うと正常に読み込めるので、Finderの検証機能だけの問題のような気がします。100GBメディアに対応してないのかもしれません。

とりあえず私のところでは、100GBのメディアに書き込みする時だけBootcampでWindowsを起ち上げてImgBurnから書き込みすることにしました。
(面倒臭いな・・・)

尚、OS X Sierraでしか試していませんので、最新のOSでは改善されてる可能性もあります。

ちなみに、Macでは別売りソフトを買わないと映画BDの再生は出来ません。
完全にバックアップ用途と割り切って購入しました。

そもそも、何故MacにBDドライブを取り付けたのか?

光学ドライブのイラスト by いらすとや http://www.irasutoya.com/2014/06/blog-post_3218.html

デジタルカメラで撮影した大量のRAWデータをどうやってバックアップするか頭を悩ませていたのですが、結局、光学メディアに保存するのがベストではないかという結論に達しました。

最近は写真を撮る機会が減ったものの、1回の撮影で32GB以上撮ることもあるので、バックアップは切実な問題でした。

容量当たりの単価や利便性ではハードディスクの方が有利なのですが、故障したり、ウイルスに感染して消去されたりするリスクがあるので、分散して保存するのが一番いいのではないでしょうか。

クラウドのストレージは、RAWデータで撮る人にとっては高すぎて論外。

例外としてAmazon Driveは写真ならRAWデータでも無制限でアップロードできる事を謳っていますが、非商業利用に限られてます(私は本職カメラマンではありませんが商用写真も撮るので対象外)。
また、2年間使わない状態が続くとすべてのファイルが削除されるので、バックアップ用途としては少し怖いです。

・・・というわけで、クラウド時代だというのに相変わらず光学メディアでバックアップを取っています。
光学メディアも寿命は10年くらいだと言われているので、決して安心は出来ないです。そもそも家が火事になったりしたら終わりですからね。
絶対に消えたらまずい大事なデータだけはクラウドにも分散して保存するのがいいのかも。

コメント
planet-green.com

MacPro2010にGeForce GTX 960を取り付ける



MacPro(2010年モデル)にGeForce GTX 960を取り付けました。
CUDAドライバーも認識されています。
取り付け手順や注意点は基本的に前回の記事と一緒です。

GeForce GTX 960をMacProに搭載
ちなみにELSAのGeForce GTX 960 2GB S.A.C SS GD960-2GERXSです。

GeForce GTX 960をMacProで認識

MacでCUDAドライバー

Final Cut Pro Xで4K動画の編集をする必要があったのですが、MacPro標準のグラフィックボード(ATI Radeon HD 5770)では重すぎてスムーズに編集できなかったのが、GTX960では何とか実用的なレベルになりました。
(とはいえ、ビデオエフェクトなどを多用すると重くなりますが。)

また、ffmpegをOpenCVを有効にしてインストールすると、エンコードの際にCUDAを利用するようで、CPU負荷が低くなってるのが確認できました。

OSのアップデートの度にビデオドライバーを入れ直さないといけないのは相変わらずで、画面が真っ黒になるので別のMacからリモート接続(『画面を共有』のこと)してインストールしてます。

コメント
planet-green.com

MacPro2010にGeForce GTX 750 Tiを取り付ける(追記あり)



MacPro 2010のグラフィックボードを純正のATI Radeon HD 5770からGeForce GTX 750 Tiに交換しました。

OS X YosemiteではGTX680や650TiなどKeplerアーキテクチャのNVIDIA製チップが動作することが知られているのですがKepler後継のMaxwellアーキテクチャについては日本語の情報がほとんどありません。
海外フォーラムを読むと750Tiへの換装に成功している人がいるようなので参考にして試してみました。

 ※ここに書いてあることを試すのは各自の自己責任でお願いします。(お約束)

注意点としては、グラフィックボードを交換する前にNVIDIAのドライバー(後述)をインストールしておかないといけません。
そうしないと、OS Xだけではグラフィックボードを認識できないので画面が真っ黒のままになります。
事前にリモートデスクトップを有効にしておけば、先にカードを交換して後からリモートでドライバーをインストール出来るかもしれませんが未検証です。

今回購入したのはELSAの GD750-2GERT。
750Tiにしたのは発熱と消費電力が少ないからです。性能を求めるならGTX 980や970も同じMaxwellコアなので動作する可能性が高いです。
(確信は無いので試すのは自己責任でお願いします。)

ELSA NVIDIA GeForce GD750Ti 2GB グラフィックボード GD750-2GERT

写真は交換前の純正ATI Radeon HD 5770

MacPRO2010の純正 ATI Radeon HD 5770

»ç¶šãã‚’読む

コメント(10)