planet-green.com

[Photo] ルスツの雲海



雲海テラス

留寿都の雲海テラス

留寿都村某所の雲海テラス。

ここは6月・9月限定で素敵な雲海を見ることが出来きる場所です。アクセスも良く札幌から車で2時間もあれば行けます。
以前の記事に掲載した写真もここで撮りました。

3年前に私の星景写真の先生であるNさんにこの場所を教えていただいて以降、毎年足を運んでいます。

しかし、初めて行った時は辺り一面に広がるパーフェクトな雲海を見ることが出来たものの、その後はなかなか気象条件に恵まれず、プチ雲海(不完全な雲海のことを私はこう呼んでる)しか拝めていません。😭

毎年、雲海シーズンになると気象データと睨めっこしていたので雲海の発生する気象条件は何となくはわかってきましたが・・・。

天の川と留寿都村の夜景

雲海と羊蹄山。その向こうにニセコアンヌプリ

羊蹄山と、その向こうにニセコアンヌプリ。

留寿都の雲海

羊蹄山
これはプチ雲海の時。

ドローン

ある訪問時。その日は天候の読みが外れて、霧が濃すぎて何も見えなかったのですが、それでもドローンで撮影しに来ている方がおられました。

話をお伺いしたところ、山頂が濃霧に包まれててもドローンをさらに数百メートル上まで飛ばせば雲海が撮影できるとのこと。

そういえば最近は、北海道の山林などに行くとドローンで撮影している人に会う機会が増えたように思います。

霧の中のドローン

霧の中のドローン

注: 上記の出来事は2015年のことですが、現在、このエリア一帯はドローンが禁止されています。また、ここに限らず、(対地高度で)150m以上の高さに飛ばすことも法律で禁止されました。どうしてもドローンを飛ばしたい方は近くの尻別岳に行けば可能だと思いますが、事前に飛行許可の確認をお願いします。

道の駅の産直市場

余談になりますが、ルスツに行った帰りに必ず立ち寄っているのが道の駅(230ルスツ)の産直ショップです。

安い、新鮮、美味しいと三拍子揃っているのでついつい買いだめしてしまいます。
(この写真の値札が見えるでしょうか? )

ルスツに限らず、北海道の道の駅には大抵、産直市場があるのでお勧めです。

ルスツの道の駅の産直野菜

📷 5DMarkII / TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USD / iPhone6

コメント
planet-green.com

[Photo] 夜の美瑛にて



蔵出し写真。美瑛町にて。

美瑛の星空

📷 5D MarkII / EF24-70mm F2.8L USM

コメント
planet-green.com

[Photo] モエレ沼芸術花火



蔵出し写真。何年か前のモエレ沼芸術花火にて。

モエレ沼芸術花火

モエレ沼芸術花火

おまけ。露光間フォーカスのテストです。
モエレ沼芸術花火

モエレ沼芸術花火

📷 5DMark2 / EF16-35mm F4L IS USM

コメント
planet-green.com

[Photo] 朝の登山道にて



尻別岳の登山道にて

尻別岳の登山道にて

カタツムリ - 尻別岳の登山道にて

尻別岳の登山道にて。
(注:私は登山をしませんし、この日も山頂までは登ってません笑)

📷 5DMark2 / EF16-35mm F4L IS USM

コメント
planet-green.com

[Photo] モエレ沼公園・タイムラプス



タイムラプスのテストその3。4K対応動画です。
ちなみに0:27に一瞬だけ流れる光はISS(国際宇宙ステーション)です。
今回のBGMはYouTubeオーディオライブラリからお借りしました。

モエレ沼公園の夕景

モエレ沼公園・海の噴水

モエレ沼公園・海の噴水

📷 5DMark2 / EF16-35mm F4L IS USM

コメント
planet-green.com

MOMO初号機(日本初の民間ロケット)打ち上げレポート



日本初の民間ロケットの打ち上げを見学しに大樹町(北海道)に行ってきました。
これは北海道のベンチャー企業・インターステラテクノロジズ社が開発したMOMO初号機という全長10メートルのロケットで、巷ではホリエモンロケットと呼ばれたりもしてます。

インターステラテクノロジズ MOMO初号機打ち上げ

個人的な感想など

  • 会場には北海道だけでなく日本全国から見に来ている人がいました。私が話をした人の中では一番遠くは広島県からでした。
  • 大樹町はロケット打ち上げに適した場所ではあるものの、休漁期にしか打ち上げられないので、次回は早くても9月以降になるとのこと。
  • PV(パブリック・ビューイング)会場にはピーク時で1300人いた模様。(思ったより少ない?)
  • やはり来ていた人の大半が宇宙開発に興味のある人、理解のある人だったようで、度重なる打ち上げ延期に不満を言う人は、少なくとも私のいた周囲にはいませんでした。
  • 打ち上げは失敗でしたが、NASAやJAXAだって散々失敗して今の技術力があるわけですので、全然悲観しなくていいと思います。
  • 天候のせいでロケットを肉眼で見れなかったのは残念ですが、日本の宇宙開発史に残るであろうイベントに参加できたことをそれなりに楽しめたと思います。(と書くと少し大げさでしょうかね)
  • 会場のスタッフさんに話を聞いたところ、大樹町役場の職員さん逹が総出で会場整理や交通誘導などをしているとのこと。彼らは一生懸命にもてなしてくれましたが、基本的にイベント運営のプロでは無いしお金を取っているわけでもないので、あまり多くのことを期待してはいけないでしょう。
  • 新聞各社の報道を見ると産経新聞の打ち上げ失敗を酷評する記事が特に目に付きます。まだ昔のことでホリエモンを恨んでるんでしょうかね。もしそうだとしても、ホリエモン個人への遺恨を、開発スタッフや大樹町の協力者など大勢の人々が関わっている今回の一大プロジェクトに当てつけるのは、メディアとしてどうなんでしょうか。

»ç¶šãã‚’読む

コメント
planet-green.com

[Photo] 早朝の支笏湖にて



支笏湖畔の朝

支笏湖と風不死岳、樽前山

早朝の支笏湖にて。

📷 5DMarkII / EF16-35mm F4L IS USM

コメント
planet-green.com

[Photo] 洞爺湖・壮瞥公園の梅林



洞爺湖の梅

洞爺湖の梅

先週は壮瞥町の梅林に行ってきました。ちょうど梅の花の開花ピークで、天気もよく最高のロケーション日和でした。

何年か前の同じ時期に行った時は、梅の花の蕾(つぼみ)が野鳥のウソに食べられて全滅していたので、今年はついに念願叶ったというところです。

洞爺湖の梅と夕日 洞爺湖と星空

北斗七星と洞爺湖。
この光の軌跡は流れ星ではないので、おそらく人工衛星か飛行機だと思います。

洞爺湖の梅

早朝の短い時間の間だけ湖面の波が収まって鏡のようになり、羊蹄山や中島のシルエットが浮かび上がるようです。

この『逆さ羊蹄』を目当てに多くのカメラマンが押し寄せていました。
朝5時頃にはもう駐車場が満杯だったでしょうか。

洞爺湖・壮瞥公園の駐車場

駐車場はこんなところで、おそらく15台くらいが限界です。

余談になりますが、壮瞥公園を登る道路は非常に狭く、車は待避所を使わないとすれ違うことが難しいです。それ自体は地方の山林などでは特に珍しいことではなく、通常であれば特に問題ないことなのですが、この日は我が目を疑う出来事が。

この狭い道路の向こうからやってきた、おばさんの運転する車が、こちらに私の車がいることをわかっていながら待避所で一時停止せずにそのまま直進してくるではないですか。

路肩ギリギリに避けて何とかすれ違うことが出来ましたが、これはちょっと困ります。というか、危ないです・・・。

洞爺湖芸術館

帰りに立ち寄った洞爺湖芸術館。この建物は以前は旧洞爺村の役場だったそうです。

洞爺湖芸術館は、洞爺湖が一望できる湖畔の小さな美術館。北海道を代表する彫刻家・砂澤ビッキの作品と、「手のひらの宇宙」をテーマにした「洞爺村国際彫刻ビエンナーレ」の作品、ユネスコ世界遺産主席写真家を務めた並河万里の写真の他、日本の近・現代文学の初版・限定本のコレクションを展示しています。また、特別展やミニコンサートなど、年間を通して多彩な企画で皆様をお待ちしています。

http://www.geijutukan.net/ より

タイムラプス(微速度撮影)動画も作成してみました。

最後になりましたが、壮瞥公園を管理・運営されている方々と公式ブログに感謝です。

📷 EOS 5DMark II / EF16-35mm F4L IS USM

コメント