planet-green.com

ZOOM UAC-2(オーディオインターフェース)のレビュー



オーディオインターフェースをZOOMのUAC-2に乗り換えました。

今まで使っていたオーディオインターフェースは2008年に購入したM-AUDIOの Fast Track Proでした。これも値段の割りにはいい製品で、海外サイトでのRMAAテストではそこそこいいスコアを出しているのですが、USB1.0にしか対応していないため実質的に48kHzまででしか同時入出力できずに限界を感じていたのと、DAWでの使用中に時々不安定になること、そして1ランク上の音のクオリティを体感してみたい気持ちなどがあってUAC-2購入に踏み切りました。
とは言え、UAC-2はまだ発売されたばかりの商品でネット上にほとんどレビューが無かったので、メーカーの宣伝文句を信じての人柱覚悟ではありましたが。

で、結論から言うと音質には満足です。まだ録音は試してませんので再生のみでの評価です。
届いてから気がつきましたが、ZOOMのサイトには「Mac版ドライバは、2015年6月のリリース予定です。」と書いてあります(2015年5月5日現在)。
Mac使いの私としてはUAC-2 MixEfx(内部ミキシング等のコントロール用ソフト)を6月まで使えないのは辛いところですが、クラスコンプライアントモードにすることでドライバー無しでも問題なく使えています(iTunesとLogic Studio Proで確認)。
ちなみにMac Pro 2010にUSB2.0で接続しています。尚、付属のケーブルはUSB2.0では使えなかったのでご注意を。

最初に音を出した時は全体的に硬めの音という印象で、ハイが強調されているのかボーカルの歯擦音(サ行のノイズ成分)が耳についたのですが十数時間使ってるうちに丸くなっていい感じの音に落ち着きました。
この種のオーディオ機器では、製造時のハンダ熱でダメージを受けた固体コンデンサを通電によって自己修復させるエージングが必要なものがあるという話を聞いたことがありますが、これがそういうことなのでしょうか?  専門外なので自信はありませんが・・。

出音はとてもクリアで、今まで使っていたFast Track Proでは他の音に埋もれて団子になっていた音も分離して聞きとることが出来ました。
ここでFast Track Proと比較しても読んでる人にはわからないと思いますので、無謀ながらもあえてiPhone6のヘッドホン出力と聞き比べた感想を述べさせていただくなら(同じ音源ファイル・ヘッドホンはAKG K240MkII)、例えばクラシックの室内管弦楽の曲だとiPhone6ではテレビかFMラジオの音をスピーカーから流してるような平面的な印象で、UAC-2では自分と同じ部屋に楽団がいてカーテンを一枚挟んで生演奏を聴いているような印象で非常に立体的に感じます。

もっと高級なヘッドホンや高価格のオーディオインターフェースを使えばこのカーテンも取り払われて本当に目の前で演奏しているように聞こえるのかもしれませんが私のリスニング環境ではこれがベストかと思います。

今までハイエンドのオーディオインターフェースや高級オーディオを所有したことが無いので、これがフラットな音なのか、それとも、いわゆる味付けされた音なのかということは私には判断がつきませんが、良いか悪いかで言うなら確実に良い音です。

本製品はUSB3.0で真価が発揮されるようなので、気が向いたらMac ProにUSB3.0カードを増設して使うことになるかもしれません。

それにしても、ZOOMと言えば私の世代でバンドをやっていた人にとっては、YAMAHAやROLANDより1ランク下という認識で、今だと海外の某B社と同じような立ち位置のメーカーだったはずなのですが、気がつくと凄い製品を作るようになってたのですね。

#追記 2017/02/03
USB2.0までしか対応していないPCに接続してマイクを使うと、おそらく電力不足からか動作が不安定になることがありました。
私の環境では別売りのACアダプターを接続したら解決し、安定動作しています。

コメント
planet-green.com

MacPro2010にGeForce GTX 750 Tiを取り付ける(追記あり)



MacPro 2010のグラフィックボードを純正のATI Radeon HD 5770からGeForce GTX 750 Tiに交換しました。

OS X YosemiteではGTX680や650TiなどKeplerアーキテクチャのNVIDIA製チップが動作することが知られているのですがKepler後継のMaxwellアーキテクチャについては日本語の情報がほとんどありません。
海外フォーラムを読むと750Tiへの換装に成功している人がいるようなので参考にして試してみました。

 ※ここに書いてあることを試すのは各自の自己責任でお願いします。(お約束)

注意点としては、グラフィックボードを交換する前にNVIDIAのドライバー(後述)をインストールしておかないといけません。
そうしないと、OS Xだけではグラフィックボードを認識できないので画面が真っ黒のままになります。
事前にリモートデスクトップを有効にしておけば、先にカードを交換して後からリモートでドライバーをインストール出来るかもしれませんが未検証です。

今回購入したのはELSAの GD750-2GERT。
750Tiにしたのは発熱と消費電力が少ないからです。性能を求めるなら GTX 980や970も同じMaxwellコアなので動作する可能性が高いです。
(確信は無いので試すのは自己責任でお願いします。)

ELSA NVIDIA GeForce GD750Ti 2GB グラフィックボード GD750-2GERT

写真は交換前の純正ATI Radeon HD 5770

MacPRO2010の純正 ATI Radeon HD 5770

“MacPro2010にGeForce GTX 750 Tiを取り付ける(追記あり)” の続きを読む

コメント(6)
planet-green.com

[Photo] 札幌国際芸術祭2014/芸術の森美術館にて



先日は札幌国際芸術祭2014/芸術の森美術館会場に行ってきました。
中谷芙二子 霧の彫刻 FOGSCAPE#47412

中谷芙二子 霧の彫刻 FOGSCAPE#47412

この日は夜間公開日。
中谷芙二子氏の霧の彫刻「FOGSCAPE#47412」がライトアップされ、とても幻想的で面白かったです。

中谷芙二子 霧の彫刻 FOGSCAPE#47412

中谷芙二子 霧の彫刻 FOGSCAPE#47412

中谷芙二子 霧の彫刻 FOGSCAPE#47412

中谷芙二子 霧の彫刻 FOGSCAPE#47412

カールステン・ニコライ氏 unidisplay
壁面に電子的な映像が投影されているのですが、部屋の左右が向かい合わせの鏡になっていて、映像がどこまでも無限に続いていきます。

札幌国際芸術祭2014

札幌国際芸術祭2014

札幌国際芸術祭2014

宮永愛子氏 そらみみみそら(mine・札幌)

宮永愛子 そらみみみそら

札幌国際芸術祭は現代美術が中心のようで、難解な作品が多いのでは思っていたのですが、ダイナミックで見応えのある作品があり、私のようなニワカ芸術ファンでもとても楽しめました。

(尚、ここに掲載した写真は撮影が許可されている作品です。)

コメント
planet-green.com

[開発/備忘録] さくらのレンタルサーバーにPHPカレンダー関数をインストール



前回の記事で書いたように、仕事でさくらのレンタルサーバーの共用プラン(ビジネスプロ)を使っているのですが、PHPのカレンダー関数 が入ってないので、手動でインストールしてみました。

ちなみにカレンダー関数というのは、なかなか便利なもので、例えば 「2月1日から5月15日までを日次ループ処理したい」というような場合には、開始日と終了日をユリウス積算日に変換して単純なfor文のループに落とし込むことが出来ますし、ループの中では必要に応じてユリウス積算日からY-m-dやUnixタイムスタンプに変換して処理を行えます。しかも紀元前4713年以降であるなら、期間が数日でも数百年でも処理できるという優れものです。

インストール方法ですが、実は私、FreeBSDを触るのは今回が初めてでして、正直、ここから先は正しいかどうかを保証できませんのでご了承ください(笑

portコマンドが使えれば一発でインストールできるようですが、さくらの共用プランなのでroot権限がありません。
そこでまずは下記ページからダウンロードします。(PHP5.3の場合)

http://portsmon.freebsd.org/portoverview.py?category=misc&portname#misc/php53-calendar
ちなみにPHP5.x系最新版用はこちら。
http://portsmon.freebsd.org/portoverview.py?category=misc&portname=php5-calendar

一覧表の build environment のところに 84amd64-default 、84i386-default、91amd64-defaultと並んでいますが、どれを選択するべきなのか・・
私の使っているサーバーの情報をみると FreeBSD 9.1-RELEASE-p15 (中略) amd64と書いてあるので、91amd64-default をダウンロードすることにしました。

%
uname -a
FreeBSD *****.sakura.ne.jp 9.1-RELEASE-p15 FreeBSD 9.1-RELEASE-p15 #1: Wed Jun 11 02:25:45 JST 2014     admin@*****.sakura.ne.jp:/usr/obj/home/pkg/src/sys/SAKURA17  amd64

では、インストール。

% cd ~/src
% wget http://pkg.freebsd.org/freebsd:9:x86:64/latest/All/php53-calendar-5.3.28_3.txz
% tar Jxvf php53-calendar-5.3.28_3.txz
(※ ディレクトリ階層を保ったまま解凍される)
%  cp usr/local/lib/php/20090626/calendar.so ~/modules/

尚、modulesディレクトリについては前回の記事を参照してください。

そして、さくらのレンタルサーバーのコントロールパネルから、php.iniに下記を追記します。

;Calendar
extension_dir = /home/*****/modules
extension=calendar.so

ここに書いてあることはイレギュラーな方法だと思いますので、各自の自己責任で行ってください。
どのような結果になろうと当サイトは一切の責任を負いかねます。

コメント
planet-green.com

[開発/備忘録] さくらのレンタルサーバーにAPCをインストール



仕事でさくらのレンタルサーバーをビジネスプロという共用プランで借りているのですが、そこのPHPにAPCをインストールした時の備忘録。
基本的には下記のサイトを参考にさせていただきました。

 [PHP] さくらインターネット 共用鯖にAPCインストール
さくらのレンタルサーバにPHPの拡張モジュールAPCをインストールする

互換性の関係でPHPは5.3で動かしたかったのですが、APCの最新stable版である3.1.9はPHP5.3で動作しない模様。
PHP5.3で動作する最新stableは3.1.6になるのですが、これはさすがに古いのでbeta最新版の3.1.13を使うことにしました。

ついでに検証した動作結果。

× PHP5.3 + APC-3.1.9
○ PHP5.3 + APC-3.1.13
○ PHP5.4 + APC-3.1.13
× PHP5.3 + APC-3.1.8
○ PHP5.3 + APC-3.1.6

上記では○と×でしか区分けしてませんが、実際には、APCが認識されないだけだったり、PHP実行時にエラーメッセージが出たりと様々。
尚、サーバー側の環境は FreeBSD *****.sakura.ne.jp 9.1-RELEASE-p15 FreeBSD 9.1-RELEASE-p15 #1: Wed Jun 11 02:25:45 JST 2014     admin@*****.sakura.ne.jp:/usr/obj/home/pkg/src/sys/SAKURA17  amd64
( uname -a コマンドで確認したもの。)

インストール作業では、まずmodulesというディレクトリを作成し、PHP用モジュールのデフォルトの場所をそこに置き換えるようにしています。
phpinfo()で元のextension_dirの場所を確認して、中のファイルを新しいmodulesフォルダにリンク。
私の借りてるサーバーだと下記のようになりました。

% mkdir ~/modules/
% ln -s /usr/local/php/5.3/lib/php/extensions/no-debug-non-zts-20090626/* ~/modules/

続いてAPCのインストール。
ソースのURLは http://pecl.php.net/package/APC から取得する。

% cd ~/src
% wget http://pecl.php.net/get/APC-3.1.13.tgz
% tar xzvf APC-3.1.13.tgz
% cd APC-3.1.13
% /usr/local/php/5.3/bin/phpize
% ./configure --with-php-config=/usr/local/php/5.3/bin/php-config
% gmake

テストを実行し、問題なければOK。
うちのPHP5.3+APC3.1.13だと、Tests skippedが30もあるので気になるところではありますが・・・

gmake test

モジュール用ディレクトリにコピー。

% cp ~/src/APC-3.1.13/modules/apc.so ~/modules/

さくらのコントロールパネルからphp.iniの設定を追加。
メモリ使用量はお好みで。

;APC
extension_dir = /home/****/modules
extension=apc.so
apc.shm_size=48M
apc.max_file_size=4M
apc.write_lock = 1

ちなみにソースファイル一式にはapc.phpも含まれているので、パスワードを設定しWEBディレクトリに設置するとAPCの効き具合を確認できます。

最後になりますが、ここに書いてあることはイレギュラーな方法だと思いますので、各自の自己責任で行ってください。
どのような結果になろうと当サイトは一切の責任を負いかねます。

コメント
planet-green.com

Final Cut ExpressとiMovieで音声が同期しない



久々に動画を編集する機会があって気がついたのですが・・・

Final Cut ExpressとiMovieで、動画素材に44.1KHzで別撮りした音声を重ねると、
同期しないでずれてしまいます。

頭を合わせても、5分くらい再生するとコンマ1秒くらい音声の方が早くなってしまいます。
動画ファイルから抽出した音声を貼り付けても、やはり同期してくれません。
5分で0.1秒というのは致命的です。喋る人の口の動きと声が一致しないし、何かを叩いた時に叩くより前に音が鳴るのが常人の動体視力でもわかります。

原因はわかりませんでしたが、48kHzに変換したらピタリと合うようになりました。
これに気づくまで一昼夜。

動画のフレームレートが30fpsだったので、29.97fpsを標準とするAppleのエンジンとの相性が悪かったのかもしれませんが、それなら48kHzでも同じ症状が出そうなものだし、謎のままです。

コメント
planet-green.com

auひかりに乗り換えてみた雑感



最近、自宅の回線をNTT東日本のフレッツ光からau光に変えた時の雑感。

  • カタログスペック上は1Gbpsの回線速度になっていますが、実際は100Mbpsも出てません。
    とはいえ、フレッツよりは若干早いです。少なくとも私の住んでいる地域(札幌市東区)では。
  • レンタルするブロードバンドルーターはWi-Fi対応していますが、利用するためには別途料金(月額約500円)が掛かります。auの会員ページでオプション申込みを行うと、ルーターの無線LAN機能が有効になります。
    パンフレットの隅に小さな文字で書いてあったのかもしれませんが、事前の説明は無かったので、これは詐欺に近い。
  • NTTの2年割りなどのサービスから乗り換えた場合は、NTT側の違約金分をキャッシュバックしてくれますが、これにも仕掛けがあります。
    1万円のキャッシュバックが郵便為替で送られてくるのは回線開通から3〜4ヶ月後で、その間はauひかり電話サービスの各オプション(割込電話や着信転送、発信番号表示など)に加入していないといけません。これらのオプションが不要な人にとっては、キャッシュバック額は実質8,000円くらいになります。
  • IPアドレスは固定のようです。ブロードバンドルーターの電源を入れ直してもIPは変わりません。ただし、au側が固定IPと謳っているわけでは無いので、ある日突然IPが変わる可能性はあると思います。
  • NTTフレッツは請求・支払い関係の手続きを管理するのがNTTファイナンスという別会社になっており、管理サイトも@ビリングやWebビリングという複数のサイトに分かれてわけわかめ状態だったが、auひかりは一元管理できるので楽。
  • 全体としては、au光にして良かったと思うし、それなりに満足しています、ええ。
コメント
planet-green.com

NetBeans + OS X Mavericks + JDK-7u45での不具合



うちの環境だけかもしれませんが・・
OS X Mavericks + Java(JDK-7u45) + NetBeans7.4 の環境だとNetBeansが頻繁にフリーズします。

試行錯誤してみると、どうやらJDK-7u45(Java™ SE Development Kit 7, Update 45)が原因のようで、NetBeans7.3.1でもフリーズします。
ファイルの切り替え時や、検査機能を使おうとした時に高頻度で固まります。
OS X Lionでは7u45で問題なかったと記憶しているので、Mavericksとの相性問題かもしれません。

やむを得ず、こちらのページの“Uninstalling the JDK“を参考に7u45をアンインストールして、こちらからアップル製のJava SE 6をダウンロードしてインストールしなおしました。

AppleのJavaはバージョンが6ですがセキュリティパッチ対応済みなので、問題はないはず。
7u45のアンインストール時、私の場合は /Library/Java/JavaVirtualMachines/jdk1.7.0_45.jdk も削除しました。

本当はNetBeansの7.4を使いたいのですが、インストール時・起動時に7u45が無いと動かないので残念です。

余談になりますが、OSをLionからMavericksに上書きアップデートした状態で使用していた時はNetBeansがデュアルディスプレイ環境で表示の不具合を起こしていたのですが、Mavericksをクリーンインストールしたら解消しました。
Mavericksはクリーンインストールがいいようです。

コメント