planet-green.com

MOMO初号機(日本初の民間ロケット)打ち上げレポート



日本初の民間ロケットの打ち上げを見学しに大樹町(北海道)に行ってきました。
これは北海道のベンチャー企業・インターステラテクノロジズ社が開発したMOMO初号機という全長10メートルのロケットで、巷ではホリエモンロケットと呼ばれたりもしてます。

インターステラテクノロジズ MOMO初号機打ち上げ

個人的な感想など

  • 会場には北海道だけでなく日本全国から見に来ている人がいました。私が話をした人の中では一番遠くは広島県からでした。
  • 大樹町はロケット打ち上げに適した場所ではあるものの、休漁期にしか打ち上げられないので、次回は早くても9月以降になるとのこと。
  • PV(パブリック・ビューイング)会場にはピーク時で1300人いた模様。(思ったより少ない?)
  • やはり来ていた人の大半が宇宙開発に興味のある人、理解のある人だったようで、度重なる打ち上げ延期に不満を言う人は、少なくとも私のいた周囲にはいませんでした。
  • 打ち上げは失敗でしたが、NASAやJAXAだって散々失敗して今の技術力があるわけですので、全然悲観しなくていいと思います。
  • 天候のせいでロケットを肉眼で見れなかったのは残念ですが、日本の宇宙開発史に残るであろうイベントに参加できたことをそれなりに楽しめたと思います。(と書くと少し大げさでしょうかね)
  • 会場のスタッフさんに話を聞いたところ、大樹町役場の職員さん逹が総出で会場整理や交通誘導などをしているとのこと。彼らは一生懸命にもてなしてくれましたが、基本的にイベント運営のプロでは無いしお金を取っているわけでもないので、あまり多くのことを期待してはいけないでしょう。
  • 新聞各社の報道を見ると産経新聞の打ち上げ失敗を酷評する記事が特に目に付きます。まだ昔のことでホリエモンを恨んでるんでしょうかね。もしそうだとしても、ホリエモン個人への遺恨を、開発スタッフや大樹町の協力者など大勢の人々が関わっている今回の一大プロジェクトに当てつけるのは、メディアとしてどうなんでしょうか。

»続きを読む

コメント